HOME > イベント一覧

  • 2019年8月1日のイベント
  • 前日翌日イベントカレンダー

教養講座-文化編- 漢字研究の巨星 白川静の世界(全2回)午前の部 親子で学ぶ漢字 河内長野漢字探検隊「漢字で知ろう昔のくらし①」

くろまろ塾 本部講座

単位4

教養講座-文化編-
漢字研究の巨星 白川静の世界(全2回)午前の部
親子で学ぶ漢字
河内長野漢字探検隊「漢字で知ろう昔のくらし①」

「ネしめすへん」と「⻂ころもへん」とはどうして似ているの?「初はじめ」という字に「ころもへん」がついているのはなぜ?「しろうと」「くろうと」は「糸」に関係があるの?衣服に関わりのある漢字を探検しましょう。

講師 久保 裕之(立命館大学 白川静記念東洋文字文化研究所 文化事業担当)
場所 キックス3階 大会議室
日時 2019年8月1日(木)10:30~12:00
定員 各50組(小学生とその保護者)
料金 各回お一人500円(小学生・保護者とも)
申込 終了いたしました。
備考 ※「漢字探検隊」は登録商標です。
主催者 くろまろ塾事務局
お問合せ 0721-54-0001

詳細を見る

教養講座-文化編- 漢字研究の巨星 白川静の世界 四(全3回)午後の部 ②古代文字で見る『食』

くろまろ塾 本部講座

単位4

教養講座-文化編-
漢字研究の巨星 白川静の世界 四(全3回)午後の部
②古代文字で見る『食』

3,300年前の「商(殷)」の国では食事は一日2回だったことが知られています。朝に主食を食べます。夕方は軽いものです。長い間、人は日が昇ると仕事をはじめ、日が沈むと眠る健全な生活でした。朝食事の前にすでに「政務」をしていました。「朝議」とか「朝廷」という言葉もそこから生まれました。食に関する漢字は、食べ物だけでなく食器類も含めると様々に広がります。

講師 後藤 文男(立命館大学大学院 教職研究科 准教授 立命館小学校 学校長)
場所 キックス3階 大会議室
日時 2019年8月1日(木)13:30~15:00
定員 100名
料金 500円
申込 終了いたしました。
主催者 くろまろ塾事務局
お問合せ 0721-54-0001

詳細を見る

くろまろ塾 認定講座

単位2

野菜栽培の勉強会(おいしい人参他)

場所 キックス3階 中会議室
日時 2019年8月1日(木)10:00~11:30
定員 50名
料金 無料
申込 7月6日(土)より実施日の7日前までに電話にて「るーぷらざ」へ申込み。(先着順)
備考 ※他の開催日
8/29・9/26
主催者 るーぷらざ
お問合せ 0721-53-8100

めざせ!図書館マスター<小学3年生向け>

図書館の本の探し方を学びます。
終了後に地下書庫見学もできます。
(昨年度実施の図書館マスターと同内容)

場所 図書館1階 おはなしのへや
日時 2019年8月1日(木)10:20~11:50
定員 各5組程度
料金 無料
申込 当日各10分前より会場にて受付。(先着順)
備考 ※小学3年生対象(保護者も参加可能)
主催者 図書館
お問合せ 0721-52-6933

ページ先頭へ戻る