HOME > イベント詳細

  • イベント詳細
  • イベントカレンダー

大学連携講座-高野山大学編-(全2回)
高野山中国人留学生-密教を媒介とした日中文化交流-

高野山大学連携講座

【高野山中国人留学生-密教を媒介とした日中文化交流-】
密教は、弘法大師空海を始めとする日本人留学僧たちによる入唐求法を通じて我が国にもたらされ、日本の社会と文化に深く根を下ろして今日に至っています。それが、100年ほど前から、日本人の阿闍梨と中国人留日学密僧との協力によって中国に環流しはじめています。本講座では、このような密教を媒介とした日中の文化交流を、近代における高野山中国人留学僧の動向を中心に振り返ると共に、その未来を展望します。

【新型コロナウイルス感染予防対策について】
  座席間隔の確保、換気の励行等の対策を講じたうえで講座を開催いたしますので、
  ご参加のみなさまは下記の対応とご協力をお願いいたします。
 ・マスクを着用してください。
 ・体調不良や発熱がある場合はご来場をお控えください。
 ・入館時には手指の消毒を行ってください。
 ・受講料は、おつりのないように予めご用意ください。
 ・「大阪コロナ追跡システム」や厚生労働省の接触確認アプリ「COCOA」へのご登録または
     入館者カードの提出をお願いいたします。
 ・窓開放による換気を行っているため、会場温度が適温でない場合がございますので
     ご了承ください。各参加者様の衣服による調整をお願いいたします。
 ・状況により急遽中止になる場合もございますので、ご了承ください。
 ・その他、みなさまの安全確保のため取り組んで参りますのでご理解、
     ご協力をお願いいたします。

くろまろ塾 本部講座 4単位
講師 奥山 直司(高野山大学 文学部密教学科 教授)
1985年東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。東北大学文学部助手等を経て、現在、高野山大学文学部密教学科教授。その間、京都大学人文科学研究所講師等を歴任すると共に、インド・チベット・ネパールにおいてフィールドワークを実施。1997年、日本密教学会賞受賞。2016-2020年、密教研究会会長。2017-2020年、高野山大学副学長。専攻はインド・チベット密教史、仏教文化史。著書に『評伝 河口慧海』(中央公論新社、2003)、編著に『河口慧海日記 ヒマラヤ・チベットの旅』(講談社、2007)、『高山寺蔵 南方熊楠書翰―土宜法龍宛1893–1922』(藤原書店、2010)、訳書にスネルグローヴ/リチャードソン著『チベット文化史』(春秋社、新装版2011)などがある。
場所 キックス4階 イベントホール
日時 2022年2月1日(火)14:00~15:30
定員 60名
料金 500円
申込 電話にて受付中。(先着順)
インターネットでのお申込みは終了いたしました。
尚、2回目の2月3日(木)の講座につきましては、定員に達したため受付を終了しております。
詳細はお問合せください。
備考 他の講座の情報は下記をご覧ください。
■2022/2/3(木)弘法大師空海の生涯-高野山開創とその背景-  詳細はこちら>>
関連展示 2021年12月5日(日)~2022年2月3日(木)まで、図書館2階にて関連図書の特設展示を行っておりますので
併せてご覧ください。
【協力】河内長野市立図書館 休館日についてはこちら>>
主催者 くろまろ塾事務局(公益財団法人 河内長野市文化振興財団)
お問い合わせ 電話:0721-54-0001/お問合せフォーム こちら>>

ページ先頭へ戻る