HOME > イベント詳細

  • イベント詳細
  • イベントカレンダー

大学連携講座-和歌山大学編-
アフターコロナの観光<全4回>
「森林空間利用の現代的意義」

大学連携講座-和歌山大学編-

新型コロナウイルス感染拡大の影響を甚大に受けた観光産業ですが、DX(デジタルトランスフォーメーション)が加速し、超高速通信や仮想現実のVRが普及した近未来的観光もすぐそこまで来ています。今回の講座シリーズでは、観光地戦略として注目されている「観光映像」や「森林空間」利用をめぐる最新の動向、旅行目的地・観光地形成のための「組織と人材」などアフターコロナの観光についてみなさんと考えたいと思います。

第1回【森林空間利用の現代的意義】
森林空間において四季折々の植物や渓谷などの良好な景観を楽しむレクリエーションは、多くの人々に親しまれている余暇活動のひとつです。近年では、森林空間のアメニティ(快適性)に関する科学的な研究も進展し、私たちの心身の健康にとって有用と思われる働きをもっと積極的に活用しようという動きもあります。この講座では、森林空間利用をめぐる最新の動向を紹介しながら、その現代的な意義について考えます。

【新型コロナウイルス感染予防対策について】
  座席間隔の確保、換気の励行等の対策を講じたうえで講座を開催いたしますので、
  ご参加のみなさまは下記の対応とご協力をお願いいたします。
 ・マスクを着用してください。
 ・体調不良や発熱がある場合はご来場をお控えください。
 ・入館時には手指の消毒を行ってください。
 ・受講料は、おつりのないように予めご用意ください。
 ・「大阪コロナ追跡システム」や厚生労働省の接触確認アプリ「COCOA」へのご登録または
     入館者カードの提出をお願いいたします。
 ・窓開放による換気を行っているため、会場温度が適温でない場合がございますので
     ご了承ください。各参加者様の衣服による調整をお願いいたします。
 ・状況により急遽中止になる場合もございますので、ご了承ください。
 ・その他、みなさまの安全確保のため取り組んで参りますのでご理解、
     ご協力をお願いいたします。

くろまろ塾 本部講座 4単位
講師 大浦 由美(観光学部 教授)
和歌山大学観光学部教授。専門は森林経済学、森林政策学、観光学。和歌山県森林審議会委員、和歌山県紀の国森づくり基金運営委員会、三重県みえ森とみどりの県民税評価委員などをつとめている。
場所 キックス4階 イベントホール
日時 2021年10月30日(土) 14:00~15:30
定員 60名
料金 500円(高校生以下は無料)
申込 9月5日(日)9:00より電話及びインターネットにて受付中。(先着順)
インターネットでのお申込みは こちら>>
上記の申込みフォームはキックス管理の外部セキュリティーサーバのページとなります。
アドレス https://39auto.biz/lovelyhall_kiccs/regires.php?tno=168
備考 他の講座の情報は下記をご覧ください。
■2021/10/31(日)観光映像を用いたプロモーション 詳細はこちら>>
■2021/11/13(土)観光地の経営と人材 詳細はこちら>>
■2021/11/14(日)観光と技術革新 詳細はこちら>>
関連企画 9月5日(日)~11月14日(日)まで、図書館2階にて関連図書の特設展示を行っておりますので
併せてご覧ください。
【協力】河内長野市立図書館 休館日についてはこちら>>
主催者 くろまろ塾事務局(公益財団法人 河内長野市文化振興財団)
お問い合わせ 電話:0721-54-0001/お問合せフォーム こちら>>

ページ先頭へ戻る