HOME > イベント詳細

  • イベント詳細
  • イベントカレンダー

大学連携講座-大阪府立大学編-
「航空宇宙工学について学ぶ」(全2回)
①次世代宇宙輸送システムの現状と課題
   -Access to Space-

大阪府立大学連携講座

小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」の観測を終え、いよいよ今年の年末には帰還予定であることや、H2Aロケットの打ち上げ成功など、日本においても宇宙開発についての話題をよく耳にします。この講座では、「宇宙探査」やロケットに代わる将来の宇宙輸送手段「スペースプレーン」についてのお話しを通じて、日本の宇宙開発の現状と将来について学びたいと思います。

第1回目【次世代宇宙輸送システムの現状と課題-Access to Space-】
将来の宇宙輸送手段は安全性、信頼性、経済性が求められ、現在の使い切りロケットシステムから完全再使用型のスペースプレーンになると考えられています。本講座では、現在のロケットシステムの問題点、スペースプレーンの利点、開発上解決しなければならない問題点等を分かりやすく解説し、将来の宇宙輸送の姿を説明します。さらに、それらの問題に大学がどのように寄与するのか、日本はどうするのかなどの問題にも言及したいと思います。

※講座中止のお知らせ※
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、本講座は中止とさせていただくこととなりました。
講座を楽しみにされていた皆様には、誠に申し訳ございませんが、
何卒、ご理解賜りますようお願いいたします。

くろまろ塾 本部講座 4単位
講師 大阪府立大学 工学研究科 教授 新井 隆景
1985年 東北大学大学院工学研究科博士後期課程修了(工学博士)
1985年 東北大学助手
1988年 室蘭工業大学助教授
1991年
~1992年
アメリカ ヴァージニア工科大学 客員研究員
2005年 大阪府立大学教授
(2007年~2009年:JAXA極超音速機研究会座長)
(2019年~ 大阪府立大学工学研究科副研究科長)
現在に至る
場所 キックス4階 イベントホール
日時 2020年9月11日(金) 14:00~15:30
定員 100名
料金 500円
備考 他の講座の情報は下記をご覧ください。
■9/25(金)小惑星探査機と探査ロボット-我が国の宇宙探査は何がすごいのか-  詳細はこちら>>
主催者 くろまろ塾事務局(公益財団法人 河内長野市文化振興財団)
お問い合わせ 電話:0721-54-0001/お問合せフォーム こちら>>

ページ先頭へ戻る