HOME > イベント詳細

  • イベント詳細
  • イベントカレンダー

特別講座
ゲノム編集がもたらす
食の変化の可能性を考える2(全3回)
①育種技術としてのゲノム編集

特別講座

近いうちにゲノム編集食品が食卓に上ると言われています。ゲノムとは生物の設計図全体のことを指します。ゲノム編集とはその一部を狙って変えることです。これまでの品種改良でもゲノムは変わってきました。変わることでこそ新しい品種が生まれます。ゲノム編集は品種改良の効率を飛躍的に向上させる可能性を秘めています。この講座ではゲノム編集の基礎に加えて、健康促進トマト、毒のないジャガイモを例にゲノム編集食品について理解を深めましょう。

第1回【育種技術としてのゲノム編集】
生物のゲノムは放射線や紫外線を浴びることで少しずつ変化します。これを突然変異と呼びます。私たちは、突然変異によって生じた多様性を利用して、今ある農産物を長い年月を掛けて育種してきました。近年ゲノム情報が蓄積し、好ましい性質を得るためにはゲノムのどこを変化させればよいか予測できるようになってきました。ゲノム編集では、生物の持つ仕組みを利用して、狙った場所に突然変異を入れることができます。そのため育種にかける時間や労力を軽減することができます。ゲノム編集技術の基礎と実際に開発途上の作物について紹介し、みなさんの疑問に答えます。

くろまろ塾 本部講座 4単位
講師 山口 ゆうべ(大阪府立大学 大学院 生命環境科学研究科 准教授)
北海道大学農学部、奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科卒。奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター、米国ワシントン州立大学生化学研究所、北海道大学農学研究院を経て現職(2013年より)。
趣味:散歩
場所 キックス3階 大会議室
日時 2019年9月25日(水)14:00~15:30
定員 100名
料金 500円
申込 終了いたしました。
備考 他の講座の情報は下記をご覧ください。
■10/2(水)健康促進トマトの開発  詳細はこちら>>
■10/9(水)毒のないジャガイモ  詳細はこちら>>
関連展示 9月3日(火)~9月24日(火)まで、図書館2階にて関連図書の特設展示を行っておりますので併せてご覧ください。 また、9月25日の講座終了後には会場にて関連図書の貸出しを行いますので、そちらもご利用ください。
(貸し出し希望の方は、河内長野市立図書館の利用者カードが必要です。)
【協力】河内長野市立図書館 休館日についてはこちら>>
主催者 くろまろ塾事務局(公益財団法人 河内長野市文化振興財団)・大阪府立大学
お問い合わせ 電話:0721-54-0001/お問合せフォーム こちら>>

ページ先頭へ戻る