HOME > ブログ

ブログ

貸館

開館時間短縮のお知らせ(4月13日~5月5日)

キックス スタッフ2021年04月09日 13:00 |

皆さまこんにちは。キックススタッフです。
この度の大阪府による「まん延防止等重点措置を実施すべき区域における要請」の変更に伴い、キックスの開館時間が変更となります。

[期間]2021年4月13日(火)~5月5日(水・祝)まで
[開館時間]9:00~21:00

夜間区分のご利用時間が1時間短縮されます。
すでに料金をお支払い済みのお客様には、短縮された1時間分の料金(夜間料金の25%)をお返しいたします。
詳しくはこちら≫≫
昨年に続きイレギュラーなことばかりが重なり、ご利用いただいている皆さまにはたいへん申し訳ございません。
感染予防対策をとりつつ、より注意深く運営して参ります。
ご不明なことがございましたら、キックス(電話0721-54-0001)までお問い合わせくださいませ。

3月からのご利用時間につきまして

キックス スタッフ2021年02月28日 13:00 |

皆さまこんにちは。キックススタッフです。
大阪府における緊急事態宣言が2月末で解除されたことにともない、キックスの夜間ご利用時間も元に戻ります。
3月2日(火)より、夜間のご利用時間は22時までとなります。
3月7日(日)までの夜間時間をすでにお申込みされている方につきましては、20時までか22時までのどちらかを選択いただく形になります。

引き続き感染症対策をとりながら、皆さまのご利用環境をととのえて参ります。
ご不明なことがございましたら、キックスまでお問い合わせください。(電話 0721-54-0001)

緊急事態宣言延長にともなうご利用時間につきまして

キックス スタッフ2021年02月05日 12:00 |

皆さまこんにちは。キックススタッフです。
政府による緊急事態宣言の期間延長にともない、キックスの夜間ご利用時間も引き続き短縮となります。

◆開館時間を20時までに短縮。(9時から20時まで)
◆期間 3月7日(日)まで

すでに夜間区分(18時~22時)をご予約(お支払い)いただいている方へは、以下のとおりご案内いたします。
◆ご利用をキャンセルされる場合→全額お返しいたします。
18時~20時まで利用される場合→夜間区分代金の半額をお返しいたします。(附属設備利用料は対象外)

また、新規でこの期間のお部屋をご利用される場合は夜間区分(18時~22時)のご利用は18時~20時までとなります。
代金は通常の夜間区分代金の半額です。

詳しくはこちらをご覧ください≫≫≫ 

引き続き皆さまにはご不便・ご迷惑をおかけすることとなり、たいへん申し訳ございません。
ご不明なことがございましたら、キックスまでご連絡くださいませ。(電話 0721-54-0001)

開館時間短縮のお知らせ

キックス スタッフ2021年01月15日 13:00 |

皆さまこんにちは。キックススタッフです。
政府による大阪府への緊急事態宣言発出にともない、キックスの開館時間が変更になりました。

◆開館時間を20時までに短縮。(9時から20時まで)
◆期間 1月17日(日)~2月7日(日)まで。

すでに夜間区分(18時~22時)をご予約(お支払い)いただいている方へは、以下のとおりご案内いたします。
◆ご利用をキャンセルされる場合→全額お返しいたします。
18時~20時まで利用される場合→夜間区分代金の半額をお返しいたします。(附属設備利用料は対象外)

また、新規でお部屋をご利用される場合は夜間区分(18時~22時)のご利用は18時~20時までとなります。
代金は通常の夜間区分代金の半額です。

ご利用定員数についても改定されています。

詳しくはこちらをご覧ください。

当面の間、皆さまには多大なるご迷惑およびご不便をおかけいたします。まことに申し訳ございません。
何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。
ご不明なことがございましたら、キックス(0721-54-0001)までご連絡くださいませ。

老後とお金の話

ホームページ作成ボランティア2019年07月02日 15:00 |

皆さん、こんにちは。ホームページ編集ボランティアの西岡です。
teamあごら主催の講演会「百年時代への糸口」を受講しました。テーマは老後のお金のこと、明るく老後を楽しむことです。皆さん気になりますよね…。(^_-)
折も折、TVでは連日、「年金だけでは2000万円不足する」との試算が話題になっていました。

講師は、第一部をファイナンシャルプランナーの市田浩之さん、第二部を「花、咲きまっか」の作者で介護施設経営者の俣木聖子さんから、お話しを伺いました。

■第一部「将来を充実させるためのマネープラン」

人生百年時代と言われる現在、なんと50歳以上の4人に1人が百歳まで生きると言われています。さらに、今の赤ちゃんは2人に1人が百歳まで生きる計算になるそうです。
確かに先日の医療講座で、これからはなかなか死ねない時代がやってくるとのお話を聞いたことがあります。今の、70歳台や80歳台の人達って元気ですよね。そうなると、問題は健康寿命とお金だと思いませんか?
「就活」ならぬ「定活」がこれから流行るそうですよ!
貯金は増えない、年金は頼れないというこの時代、定年前には“定活”が必要かもしれない。
では、対策は?
1.年金定期便をしっかり見ましょう。
2.支出の見直し(住宅ローン・保険や携帯代、などの固定費)
3.収入(元気なら働きましょう)
4.可能なら年金の繰り下げをする
「年金定期便をしっかり見る」これだけでも意識が変わるかも知れません。節約したり、楽しみを増やす事に、意識的に気持ちを切り替えていくことが大切だと講座を聴いて思いました。
チコちゃんに「ボーッと生きてんじゃねえよ!」って言われないようにしたいものですね。

■第ニ部「明るく老後を楽しむために」

第二部では、俣木聖子さんから約20年前に堺市の大仙古墳近くで、6名の職員で介護施設「シャローム」を開設された頃のお話を聞くことが出来ました。1年間お風呂に入っていなかった老人が、デイサービスで心を開いていき、久しぶりのお風呂に入って「生きていて良かった」の一言を聞くことが出来た時のお話は、感動的でした。老人はよく「寂しい」とか「死にたい」とか言いますが、「なぜそう思うの」などと寄り添いながら問いかけていくのが良いようです。そして施設名の「シャローム」はヘブライ語で、「心に平安がありますように」との意味だそうです。
講師からのメッセージ、「皆さん年を取ったら良い性格でいてくださいね!そして70歳を過ぎたらエンディングノートを書きましょう」とのことでした。
最後に、65歳を過ぎても長く働くことが大切です。介護に興味のある人は「担い手ヘルパー」という働く道があるとの事です。興味のある人は調べてみてくださいね。

ブログ内検索

カレンダー

2021年4月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

過去の記事

ページ先頭へ戻る