HOME > ブログ

ブログ

くろまろ塾

ノルディックウォーキング体験

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2017年10月19日 09:10 |

皆さん、こんにちは!スポーツの秋になりましたね。くろまろ塾運営ボランティア広報担当の西岡です。
10月17日(月)、大学連携講座大阪大谷大学編の最終回に参加しました!
最終回のテーマは「ノルディックウォーキング」です。(講師:宮内一三先生、大阪大谷大学スポーツ健康学科教授)です。


「ノルディックウォーキング」って何?普通のウォーキングと何が違うの?ノルディックウォーキングを体験してきましたので、レポートします。
「ノルディックウォーキングは、ポールを持って歩くだけ!」の年齢・性別を問わない簡単なスポーツです。普通のウォーキングで約1時間(4キロメートル)歩くと約280キロカロリー消費するそうですが、ノルディックウォーキングだと400キロカロリーも消費するとのことです。
しかも、酸素の摂取量が増え、さらに膝や腰への負担が少ない、至れり尽くせりのスポーツです。やってみると、手を大きく振るようになっている、歩幅が大きくなる、姿勢が良くなっていることに気が付きます。また全身の90%を使う運動になっていると云うことです。

先ずは準備運動

今回はイベントホールでの開催となりましたが、雨天にも関わらず多数の参加者と熱気でイベントホールが狭く感じられるほどの活気を感じました。ポールが必要ですが、廉価なものでも運動効果に大きな差はありません。皆さんも始めてみませんか?ただし、せまいところでポールを振り回したりしないように気をつけてくださいね!(^_-)-☆

様々なタイプのポール 皆で歩いてみましょう!


最後に、今回も市民ボランティアの仲間が受付やアンケート回収などで協力してくれました。
くろまろ塾運営ボランティアの皆さん、お疲れさまでした!! (^o^)/

弘法大師の説く、即身成仏とは?

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2017年10月09日 13:00 |

皆さん、こんにちは!
やっと秋めいてきましたね。くろまろ塾運営ボランティア広報担当の西岡です。

10月05日(木)、「密教の思想と芸術」の講座が始まりました!
今日のテーマは「弘法大師の思想入門① 即身成仏―この身のままで仏になるー」(講師:土居夏樹先生、高野山大学文学部准教授)です。


本講座は、当初大会議室定員100名での募集でしたが、人気が高く約200名近い参加者になったため、急遽イベントホールでの開催になりました。河内長野市は、高野山への参詣道である高野街道の宿場町でもあり、お大師さんへの尊敬や親しみが、人々を引き付けるのではないでしょうか?
実際、私は真言宗ではないと云う人も多く本講座に参加されていました。


今回のテーマの「即身成仏―この身のままで仏になるー」とは、どういうことを意味するのでしょうか?
よく混同される出羽三山などの即身仏(ミイラ)とは違います。また、成仏とは死ぬことではなく、仏(buddha)になることです。仏になるとは、「さとり(bodhi)を開き、輪廻(saṃsāra)から解脱し、涅槃(nirvāna)に入ること」と説かれています。
大乗仏教における成仏は、まわりの全ての人々を成仏させた後にやっと自身が成仏できるので、とほうもない期間と修行が必要です。これを三劫成仏(さんごうじょうぶつ)と言います。

これに対し、密教における即身成仏(そくしんじょうぶつ)とは、生まれ変わる必要がなく、この身のまま現世で成仏します。弘法大師空海は、「即身成仏は密教だけで可能」と主張されており、主著である『即身成仏義』にその理論が説かれています。

今回は『即身成仏義』のコアの部分である六大や神変、曼荼羅などを解説いただきました。
この身のまま「自分自身が仏であるように、他人も仏である」と捉え「眼前の世界をマンダラの世界として生きること」ができるならば、即身成仏に一歩近づけるのではないでしょうか?ただ、この世が、自分自身の修行の場であると思えたにせよ、大嫌いな上司やけんか相手を仏とは、なかなか思えないものですよね。
私はまだまだ、修行が足りていないようです。合掌

以下に参加者の受講後の声をご紹介します。
「大変しっかりと仏教の説明をされて今までの仏教の講座の中で一番良かった!」
「平素から密教とは何かと思っていたのですが、今回のお話しを聞かせていただき目からウロコが取れたように思えました。有難うございました。」
「広く深いテーマなので90分の時間では理解が追いつきませんでしたが、入り口、きっかけをいただきました。自分でも調べたいと興味が湧きました。仏教用語くらいは覚え、次回以降は更に面白さを深めたいです。」
「難しい精神世界の事をわかりやすい例えを持って教えていただき、楽しく学ぶことができました。単語一つ一つを大切に説明していただいたので、次の曼荼羅の学習が待ち遠しいです!」
「曼荼羅のさわりだけでも知らなかった事を教えていただき有難かったです。感謝!」

 

最後に、今回はくろまろ塾運営ボランティアの仲間が司会にチャレンジし、また受付やアンケート回収に活躍してくれました。
くろまろ塾運営ボランティアの皆さん、お疲れさまでした!! (^o^)/

学生と市民のコラボがスタートしました。

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2017年10月05日 09:00 |


皆さん、こんにちは!
くろまろ塾運営ボランティア広報担当の西岡です。
9月29日(金)、「地域の生活課題と福祉2」の講座(講師:青木淳英先生、大阪千代田短期大学介護福祉コース教授)が大阪千代田短期大学にてスタートしました。


昨年に引き続き、大阪千代田短期大学の学生と市民受講者が一緒に「地域の生活課題の解決プログラム案」の作成に取り組む講座で、9月29日(金)~2018年2月4日(日)の期間で、2月4日(日)のグループ報告会を含む、全8回の講座となります。
学生にとっては、単位認定を受ける実授業となります。

今年は市民(くろまろ塾)受講者19人と学生11人が4つのグループに分かれ、グループワークを通して、地域の生活課題を地元住民へのヒアリングをするなど、フィールドワークによる調査・検討、そして市民と共に学びあいながら解決プログラム案を作成、可能であれば実践にまで繋ぐ内容となっています。

今日は、学生と市民の顔合わせと、グループ分けが行われ、最初はみなさん緊張ぎみでしたが、和気あいあいと講座スタートしました。
最後に宿題も課せられ、市民も学生時代に戻った面持ちで受講されていました。


昨年は、6グループで個々別の6地域が取り上げられましたが、今年取り上げられるのは、「小山田小学校区」と「高向小学校区」の2地区に絞られました。
グループワークの成果は、来年の2月4日(日)の報告会(キックスイベントホール)で発表されます。
どのような、解決案が提案されるのか?
皆さんご期待ください!(^_-)-☆

芸術ってなんだ!?

キックス スタッフ2017年10月03日 18:00 |

こんにちは。キックススタッフです。
ある朝、玄関のドアを開けるともう秋が訪れていました。
そこはかとなく漂う金木犀の香り。毎年、この香りで秋が来たことを実感します。
美しくも儚い季節を思う存分楽しみたいですね(^_-)-☆


さて、今回ご紹介する講座は、「教養講座-芸術編-」。
大阪芸術大学の豪華な講師陣がリレー方式で「芸術」についてお話しいたします。
そんなスペシャル講師陣の先生方を少しだけご紹介いたしますね!(敬称略)

●末延 國康(元大阪芸術大学 教授)
芸術作品を通して心の状態を読み解く研究をされている先生です。
特に子どもの絵から心理分析研究を深くされており、他に「福祉とアート」、「ホスピタルアート」、「アートの森」など活動は多岐にわたります。この内、「アートの森」は河内長野市滝畑で実施されており、河内長野市ともご縁が深いのです!
今月の「広報かわちながの10月号」の市民の横顔コーナでは末延先生の活動について紹介されていますのでご覧ください。
詳しくは、こちら>>>(PDFファイル)
さまざまな人と触れ合いながら活動されている先生と一緒に、作品の分析を行い、作者の心の世界奥深くを見つめてみませんか?

●浜畑 賢吉(大阪芸術大学 教授 舞台芸術学科長)
きっと多くの方がご存知ですね。俳優であり、舞台芸術学科長でもあり、さらには演出家としても活動され、とても多くの「顔」をお持ちです。
今回の講座では「役者の眼」から見たものについてお話ししていただきます。
俳優は演じる度に別人の人生を生きるとも言われ、数多くの「人生」を歩んで来られた浜畑先生のお話はきっと面白いことでしょう!

●井関 和代(大阪芸術大学 名誉教授)
染織作品の制作活動とともに、アジア・中近東・アフリカ等世界各地で染織の調査・研究に従事してこられました。
大航海時代のインド染色布が世界に及ぼした影響と、19世紀頃から欧州に渡ったアフリカ・アジアの作品がイメージソースとなって創造された、近代絵画の歴史についてのお話です。異国から影響を受けて生み出された芸術作品の歴史を、実際に世界を巡ってこられた先生とともに旅してみませんか?

余談ではありますが、実は筆者も元・大阪芸大生でございます。
芸術とは、見た目は輝くマゼンタ色(赤紫)、ところがその美しさにつられて中をのぞくと底が見えないほどの夜空色が広がっていて、入り込んでしまったら二度と出られない・・・。
実際に芸大に通った感想です。(あくまで個人のイメージです!)
卒業して何年も経った今でも、その夜空色に捉われているように感じます。

皆さまも美しくも底が知れない「芸術」の一端に足を踏み入れてみませんか?
きっと人それぞれたくさんの感じ方があるはず・・・。

受付は10月5日(木)9時より開始いたします。
このブログをご覧の方は、インターネットの申込みが便利です。
受付フォームはこちら>>>

たくさんの方のご参加をお待ちしております!(^^)!

「人には聞けないおしっこのお話し」講座のレポート

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2017年09月13日 19:50 |

皆さん、こんにちは!
くろまろ塾運営ボランティアの西岡です。
9月7日(木)、医療連携講座-大阪南医療センター編-「人には聞けないおしっこのお話し」の講座(講師:上島成也先生)を受講しました。


医療連携講座はいつも人気が高く、今回も受講者数約143名の参加があり、関心の高さが伺えました。
日本人は男性も女性もトイレが近くて困っている人はとても多いようです。
皆さんも、「トイレが近い、トイレまで我慢するのが大変」という症状(頻尿、尿意切迫感)や尿意を我慢できずに漏れてしまう(尿失禁)の症状があっても、人に言えずに我慢していませんか?
このような症状の多くは治療で改善できます。「年だから仕方ない」、「恥ずかしい」とあきらめずに、ぜひ一度勇気をだして受診してみましょう。
ひょっとしたら、なにかの病気の初期症状かもしれません。
運が良く、軽い症状だけであれば、お薬だけで、改善することも多いのです。旅行を諦めかけていた人も、行けるようになる可能性がまだまだありますよ。
軽い症状に効果のある骨盤低筋訓練(体操)もご紹介頂きました。

■過活動膀胱について

「過活動膀胱」とは、尿が溜まる前に自分の意に反して膀胱が収縮してしまう症状です。ところがこれは、周囲の人が考える以上に本人にとってつらいものです。
トイレの不安のために外出を控えたり、尿失禁してしまう自分がなさけなく思えたりします。
大きな病気ではないけれども、生活の質が低下してしまうことが、過活動膀胱の特徴です。

先ずは男女共、この1週間のあなたの症状を過活動膀胱症状質問票でチェックしてみましょう。
PDFファイルこちら>>>

判定は、質問3が、2点以上で全体の合計点数が3点以上の場合、過活動膀胱の可能性があります(合計点数が5点以下は軽症、6~11点は中等症、12点以上は重症と考えられます)。

■男性は気をつけたい前立腺肥大
男性で、おしっこの時、残尿感を感じたり、尿の勢いがなくなったりしたら、前立腺肥大を疑ってみましょう。
55歳以上の男性5人に1人(約400万人)の患者さんがいるそうです。
また男性は、50歳を過ぎたら定期的にPSA検査を受けましょう。
血液検査で簡単に前立腺癌かどうかの判定ができますよ。

■女性特有の腹圧性尿失禁と骨盤臓器脱
40歳以上の女性の8人に1人が、腹圧性尿失禁を経験していると言われています。
また、特に経産婦は骨盤低筋が弱くなって、骨盤内蔵の下垂や骨盤臓器脱になりやすいと言われています。
気になったことありませんか?

■結論

おしっこの事で気になったら、「歳のせい」とあきらめず、ひとりで悩まずに早めに医師に相談しましょう。
河内長野市には、泌尿器科を掲げている医院は少ないですが、かかりつけの内科のお医者さんなどに先ずは診ていただきましょうね。

■質問タイム

今回は、受講者の関心も高く、「水分補給の程度」や「ホルモンや栄養との関係」など、個々人によって回答が変わるような質問も続出し、講座終了後も質問攻めの状況でした。
上島先生、大変勉強になりました、有難うございました。


受講者が多かった受付の様子です。沢山のご来場有難うございました。

ブログ内検索

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

過去の記事

ページ先頭へ戻る