HOME > ブログ

ブログ

くろまろ塾

呼吸の瞑想法「阿息観」を体験受講しました!

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2020年02月16日 09:00 |

みなさん、こんにちは!
くろまろ塾運営ボランティアの西岡です。大学連携講座-高野山大学編-を受講しましたので、レポートさせて頂きます。内容は、高野山大学副学長の佐藤隆彦教授による「呼吸の瞑想法”阿息観”について」です。

さて、仏教を一言で言うと何でしょうか?弘法大師空海は『御請来目録』で「ただ二利にあり」と言われたそうです。二利とは、自利(自分を高める)と利他(他人の苦を救う)この二つを得ようとするのが仏教の目的だと言うのです。そして、仏陀は真理に目覚めた方でしたが、真理に目覚めるためには、瞑想が大切なのだと言う事です。密教の瞑想法には大きく分けて10種類ほどあるそうですが、僧俗共用なものとして「阿字観」「月輪観」「阿息観」があって、今回は入門編として老若男女誰でも出来る「阿息観」について学びました。

「阿息観」とは、息をアの真言と感じる瞑想法のことです。具体的には、背筋を伸ばし、肩の力を抜き、深い呼吸をこころがけ、大地に響いているアの音を感じ体内に取り込み、下腹、胸、口を通って再びアの響きとして息をはきます。そしてこれを続け、いのちの本源であるアの声を唱えて、宇宙と一体となります。(ここでは、座り方や詳細の手順・密教の法印などは省略させて頂きます)

今回、会場では先生のご指導をいただきながら、100名の受講生が同時に「阿息観」の瞑想を体験しました。初めにはアの声が聞こえていたものが何度かの呼吸の後、音のない「ア」の音になり、そしてそれが会場にあふれました。皆、心に高野山の雲海に包まれていることを想像しながら、呼吸を整え心が静まるのを感じました。静寂で不思議な雰囲気に数分間包まれました。場所が高野山ならなお感慨深かかったかも知れませんね。健康にも良いとの事で、実際に体験してみて、日頃の雑念がうすれ、心身共に良いと感じました、佐藤先生ご指導有難うございました。以下に、他の受講者の感想をご紹介します。

『ストレスの多い中でなかなか難しい、雑念をはらう方法を学ぶ事ができてよかった。』
『瞑想を詳しく知りたいと思っていました。「心を安定させる」という事において実践してみたいです。』
『瞑想の仕方や呼吸の整え方を教わり、たいへん参考になりました。』

連続講座、次回の佐藤先生の講座のテーマは、「真言宗における死と看取り 臨終の瞑想法”阿息観”」です。真言密教では死の瞬間をどのようにして迎えるのかについてお話を伺います。

—————————————————————————————
最後に、今回もくろまろ塾運営ボランティアの仲間が、受付・資料配布・司会などに活躍してくれました。お疲れさまでした!

 

食道がんと胃がんを学ぶ

キックス スタッフ2020年02月02日 09:00 |

皆さまこんにちは。キックススタッフです。
本日は医療連携講座-大阪南医療センター編-のご案内です。

テーマは「食道がん」と「胃がん」。
ともに最近よく耳にする病名です。日本人の2人に1人が「がん」に罹患するといわれている時代、最新の診断と治療について学んでみませんか?
皆さまのご参加をお待ちしております。

2/5(水)9:00より受付開始です。
インターネットからのお申込みはこちら>>>

アートを生み出すプログラミング

キックス スタッフ2020年02月01日 09:01 |

皆さまこんにちは。キックススタッフです。
2月が訪れました!!
少しずつ日が長くなり明るい時間帯が増えているこの時季、「行く・逃げる・去る」の喩えをしみじみと実感する筆者でございます。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
本日は大学連携講座-大阪芸術大学編-をご案内いたします。

今やさまざまな分野において必要不可欠なコンピュータシステム。アートの世界においてももちろん活用されています。
本講座では実際にパソコンを操作しながらプログラミングについて学び、3/6(金)には昨今流行りのドローンを動かす予定です!
金曜日の夜・駅前での開催ですので、お仕事帰り・学校帰りの方にもご参加いただきやすい講座でございます(^^♪
皆さまのご参加をお待ちしております。

2/5(水)9:00より受付開始です。
インターネットからのお申込みはこちら>>>

まもなく大阪千代田短期大学編3回目!

キックス スタッフ2020年01月31日 08:00 |

皆さまこんにちは。キックススタッフです。
大学連携講座-大阪千代田短期大学編-の3回目が近付いて参りました。

[日時]2020/2/4(火)10:30~12:00
[会場]大阪千代田短期大学(河内長野市小山田町1685)

この日は「認知症サポーター養成講座」として、認知症に関する基礎的な知識などを学びます。
会場は大阪千代田短期大学でございますので、お気をつけてお越しくださいませ。
(インターネットからのお申込みは締め切っておりますので、お電話にてお問い合わせください。)

大学連携講座-高野山大学編-を受講しました!

キックス スタッフ2020年01月22日 13:00 |

みなさん、こんにちは!
くろまろ塾運営ボランティアの西岡です。令和2年最初のくろまろ塾本部講座を受講しましたので、レポートさせて頂きます。内容は、“大学連携講座-高野山大学編-空海「秋日観神泉苑」について”です。

 

講師の南 昌宏先生は、高野山大学密教学科の教授で、文学・哲学・中国哲学の専門家です。本講座は、1月10日(金)と1月12日(日)の2回に分けて開催されました。まず「秋日観神泉苑」とは何でしょうか?名文家として有名な空海の残したこの詩は、詩文集である『性霊集』の二番目に掲載されている漢詩の七言古詩で、十二句八十四文字で書かれています。

1月10日の講座では「秋日観神泉苑」を読むと題して、従来の読み下しと、天皇と空海が親しく交流があったことなど、この詩は天皇の御苑をことほぐ(言葉で祝福する)詩として紹介されました。つまり秋の日の天皇の庭園の様子が自然と調和して素晴らしい佇まいをみせていることなどを、褒めたたえた詩との従来からの説明です。

ちなみに、神泉苑は現在京都二条城南にありますが、元は平安京(大内裏)の南東隣りに位置し、八町の規模を有する苑池であり、禁苑(天皇のための庭園)でした。苑内には、大池、泉、小川、小山、森林などの自然を取り込んだ大規模な庭園の他、敷地の北部に乾臨閣などを伴う宏壮な宮殿が営まれていたようです。また、空海が善女龍王をこの神泉苑の池に勧請(呼び寄せ)して雨を降らせたことでも有名です。
1月12日(日)の講座では、前回解説頂いた詩の意味を裏読みし、空海が真に表現した意味を説明して頂きました。この説は、2019年に南先生が1200年ぶりの新解釈として昨年発表されたもので、これまで神泉苑をことほぐ詩とされていた詩が実は、諫言(目上の人の非をいさめる)のための詩だと云うのです。先生は12句の詩を一句一句丁寧に、空海が選んだ漢文の決まり文句ともいえるフレーズをそれぞれ中国の古典や歴史書である『書経』や『後漢書』『詩経』などと照らし合わせ、詩全体にただよう諫言の意をくみとる解説をしてくださいました。私のつたない理解では、もし当時の中国の教養人がこの詩をよめば諫言の詩だとすぐさま見破るのであろうということです。つまり空海はそれほど、漢文の書物に精通しており、漢文も和文も名文家であったのだと感じました。

長い年月、神泉苑を褒めたたえていると云われて来たこの詩ですが、実は天皇をいさめる詩だったとの新解釈がなされました。このことを日本史のなかでどう捉えるのかはさらに掘り下げる必要がありそうです。漢文の知識が現代人よりもあった頃の時代の教養人であれば、そのことに気付いていたかもしれませんね。久しぶりに漢詩に触れ、とても新鮮な体験をさせて頂きました、南先生、丁寧な解説有難うございました。

—————————————————————————————
最後に、今回もくろまろ塾運営ボランティアの仲間が、受付・資料配布・司会に活躍してくれました。お疲れさまでした!

 

ブログ内検索

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

過去の記事

ページ先頭へ戻る