HOME > ブログ

ブログ

地域情報

学位授与式・特別講演会(サキタハヂメ氏)受付中です!

キックス スタッフ2016年05月10日 20:00 |

こんにちは。くろまろ塾事務局です。
先日ラブリーホールに立ち寄った際、不思議なものを見つけました。

160510_01

こちら、木を削った時に出来る、かんなくずを使って作られたお花なのです。
「かんなのはな」という名前だそうで・・・。
透明感があって木のいい香りがする、とても繊細なお花でした。
本日はこの「かんなのはな」に深く関わっている方をご紹介いたしますので、
どうぞお楽しみに!

さて、本日の本題。学位授与式・特別講演会のご案内です。
今年もこの時期がやって参りました。
くろまろ塾も今年で開校5周年を迎え、学位を取得されている学生さんも着実に増えています。
この度、学位を取得される皆様、おめでとうございます。
当日は市長から学位記が手渡され、くろまろくんも登場します!

そして同時開催の特別記念講演会にはサキタハヂメさんを講師に迎え、
「山を鳴らす~僕なら奥河内をこう面白くします~」をお届けいたします。
サキタさんはのこぎり演奏家・作曲家としてグローバルに活動していらっしゃいまして、 ここでその愉快で素敵な音楽をご紹介したいのは山々なのですが、スペースの都合上、 詳しくはサキタハヂメさんのFacebookをご覧くださいませ・・・(^^;) こちら>>

そんなサキタさんは河内長野市になにかとご縁のある方で、くろまろ塾校歌も作曲していただいたのです。他にも、南花台小学校校歌の作曲、ラブリーホール・ミュージカルスクールへの楽曲提供などなど、 河内長野市に密着した音楽活動も展開しておられるのです。
特にかわちながの世界民族音楽祭(ラブリーホール主催)には、何度も出演いただいています。
2015年には活動拠点を河内長野に移され、「山を鳴らす」をテーマに、奥河内の木を使ってオリジナル楽器を製作したり、美しく楽しい曲を作ってくださいました。
その様子がこちら↓。

この過程で誕生したのが、最初にご紹介した「かんなのはな」なのです。
今年は「かんなのはな10000人プロジェクト」なるものが始動しているようです。

160510_02

「山を鳴らす」を象徴するこのお花。
今後も河内長野市内のいたるところで皆様のお目にかかるかと思います、その美しさと香りをお楽しみください。

2016年もサキタさんは「山を鳴らす」プロジェクトを着々と進めておられ、今回の講演会ではその計画についてお話し頂きます。
音楽を通じて河内長野の人と人を結びつける、きっとワクワクするお話が飛び出す筈です!

160526_sakita

・・・と、ここまで駆け足でのご紹介でしたが、「そもそも、のこぎり音楽ってなんやねん」と思われている方もいらっしゃるのでは・・・?
のこぎりを膝で挟み、ヴァイオリンの弓を使って音を出し・・・なんてここで口を酸っぱくして説明しても、その魅力の1/100もお伝え出来ない気がいたしますので、ぜひ特別講演会にご参加の上、その音色に触れていただきたいと思います!
※お話の中で少しだけ演奏の予定。演奏会ではありませんのでご注意を!

皆様のご参加を心よりお待ちしております。<m(_ _)m>

お申し込みはこちら>>

ブログ内検索

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去の記事

ページ先頭へ戻る