HOME > ブログ

ブログ

地域情報

「街中でトリック・オア・トリート」始まっています☆

キックス スタッフ2020年10月02日 15:00 |

皆さまこんにちは。キックススタッフです。
なんとなんと約半年・・・、いや、もっと?とにかくもの凄くご無沙汰しております。
マスク越し・衝立越しのコミュニケーションが日常となった今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
2月末頃から世の中が騒がしくなり、いつの間にか新年度が始まり、ようやくキックスの貸館が再開したのは猛暑の頃・・・。
季節の情緒も何も全てすっ飛ばしたかのような今年。久々に、ようやく、やっと!!
「その季節ならでは!」のイベントを開催しております。

今年も始まりました。「街中でトリック・オア・トリート!」
例年に比べイベントの規模は縮小しているものの、10/1(木)~31(土)まで、河内長野市内のいろいろなお店が参加しています。
キックスでは9:00~21:00まで受付中☆(毎週、月曜日はお休みです)
まずは3階の事務室までお越しください。

エレベーターを降りてすぐ左手。ここです↑

「え、なんか入りづらい・・・」という雰囲気ですが、大丈夫です。怖くありません(笑)。ちゃんとお菓子も用意しています!
さてさて、ちょっと勇気を出して中へどうぞ。

お出迎えしたキックススタッフに向かって元気に合言葉をお願いします!せーーの!


「トリック・オア・トリート!!」

そしてお菓子を選び、スタンプをおしてもらいましょう。
スタンプカードは事務室でも用意していますので、手ぶらでもご参加いただけます。

◆開催期間 2020年10月1日(木)~31日(土)
◆キックスでの受付時間 9:00~21:00
※毎週月曜日はお休みです!!

例年のような大規模なイベントはありませんが、少しでもハロウィンの季節を楽しんでくださいね♪
キックスでお待ちしております。
ハッピーハロウィン☆☆

街中でトリック・オア・トリート!

キックス スタッフ2018年09月20日 15:00 |

皆さまこんにちは。キックススタッフです。

今年も彼ら(上の写真↑)の季節がめぐって参りました。
合言葉を言うとお菓子がもらえる、「街中でトリック・オア・トリート!」が河内長野市内で始まっています!
期間は9/15(土)~10/8(月・祝)まで。
参加はいたって簡単。まずはこのネコが目印のパンフレット(下の写真↓)を手に入れて・・・、

パンフレットに載っているお店に行き、元気よく合言葉をどうぞ!

 

「トリック・オア・トリート!」

 

意味は「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ」。
余談ですが、この合言葉でおおむねお菓子をもらえて来た筆者は、実際にイタズラを実行したことはございません(^^;)
イタズラしたことがある方は、ぜひお話を聞かせてください(笑)

さて、お菓子をもらったら、パンフレットにスタンプ(もしくはサイン)をもらいましょう。
7店舗分あつめたら、10/8(月・祝)のイベント、ラブリーハロウィーンのガラポン抽選会に参加できます!

キックスでは3階事務室でお待ちしております。
ただし、月曜日(毎週)はお休みですので、ご注意くださいませ(^^)/

キックス前のバス停「ベンチ」の修理ができました!

キックススタッフ2018年08月03日 18:00 |

皆さまこんにちは、キックススタッフです。
台風が去ってまた暑い日が続いていますが、体調崩されたりしていませんか?
家の中にいても熱中症になるこの暑さ、水分補給はこまめに行なってくださいね。(^o^)/

今回はキックス前にあるバス停のお話しです。
先日、このバス停にある木製ベンチ座面が壊れていたのを、市民の方から教えていただきました。

この木製ベンチはキックスが設置したものではないので、南海バスさんに相談したところ、ベンチに書いている会社に確認してほしいとの事でした。
そこで、背もたれの部分に書いてあった「葛城民芸社」さんに相談したところ、何とご厚意で修繕いただきました!

座面も背もたれ部分もきれいになって返ってきました。
お忙しい中、迅速に対応いただき有難うございました。<(_ _)>

市内のほかのバス停でもよく見かるこのベンチは、実は葛城民芸社さんが全て寄贈されたもので、利用された方も多いのでは?
工場は市内の菊水町にあって、家具や彫刻などの製品を数多く作られています。

キックスからバスをご利用の際には、ぜひこの木製ベンチをご利用くださいね!(^.^)/~~~

 

お隣、橋本市出身の天才数学者 岡潔博士をご存知ですか?

キックス スタッフ2018年02月22日 11:00 |

皆さん、こんにちはキックススタッフです。
見出しの「天才数学者 岡潔博士をご存知ですか?」ということなのですが、実は昨年に「橋本市岡潔数学WAVE」から木地茂典先生をお招きして教養講座-数学編-を担当していただきました。
一般的に難解と思われる「数学」を折り紙やサイコロの確立などを例にして「スウガク」として実にわかりやすく説明いただき、参加者から喜びの声がたくさん事務局に届けられました。

そんな数学の普及活動を年代問わず橋本市中心に活動される中、このたび天才数学者の岡潔さんを、世界から評価、そして文化勲章へ導く、妻である岡みちさんの強靭でまっすぐな愛の物語が明日(2月23日21時~)放送されることになりました。

そして、ここからいつもの(?)くろまろ塾事務局からお知らせなのですが、その教養講座-数学編-の続編が4月に開催されます(3月6日受付開始)。まもなくホームページで詳細ページをお知らせいたしますので、その前に岡潔博士の物語を一緒に観てみませんか?

読売テレビでホームページが公開されています。こちら>>>

皆さん、オリンピックの応援の合間にお時間ございましたら、ぜひとも「天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~」をご覧ください。
天海祐希さんと佐々木蔵之介さんの役作りも必見です!

あと、来月から申し込みが始まる教養講座-数学編-のお申込みもお忘れなく(^.^)/~~~

大阪千代田短大連続講座の成果発表がキックスで行なわれました。

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2018年02月08日 13:00 |


皆さんこんにちは、くろまろ塾運営ボランティア広報担当の西岡です。大学連携講座「大阪千代田短期大学編 地域の生活課題と福祉2」の第8回「課題解決プログラムの実践結果の報告会」が2月4日(日)イベントホールで開催されました。
本講座は、昨年9月から、大阪千代田短期大学の学生さんとくろまろ塾(河内長野市民)がチームを作り、地域の課題をとらえ、改善アイデアを出し合い、「地域住民」と「福祉」の視点から解決プログラムを立案し、できれば実践に持ち込むことを狙いとして始まりました。


今回は、対象地域を「小山田小学校区」と「高向小学校地区」に絞り、各2班に分かれ全4班で取り組みました。今年も、大阪千代田短期大学の青木淳英教授のご指導を受け、「行政に依頼するような内容ではなく、住民自らが取り組み実践できるプログラムを立案する」ことを基本的な考え方として取り組みました。
実際に地域に学生と市民がチームで出向いて、地域の実情をヒアリングするフィールドワークに始まり、問題点を分析し、アイデアを出し合い7回の授業が行われました。学生の若々しい閃きと、市民のいぶし銀のアイデアが、時にはぶつかり合い、時には融合しながらアイデアが絞られていく過程が報告されました。学生と市民そして関わってくださった多くの地域住民の方々が、ふれあい、触発され、気付きが生まれました。実施できた一例をあげると、学生のアイデアである「高齢者でも座ってできる輪投げ漁」のゲームの様子が報告されました。これは釣り竿に輪投げの輪をつけてボールを手繰り寄せるゲームですが、高齢者も楽しめ盛り上がった様子などが参加された地域の方からもイキイキと報告されました。各チームとも質疑応答も活発に行われ、意義深い報告会になりました。
以下に参加された皆さんと考案されたプログラムをご紹介します。
【く:くろまろ塾 千:大阪千代田短期大学 (敬称略)】

■小山田1班
「学生と参加者(子ども・保護者)とでプチ運動会を開く」

く:村上・藤原 千:安岡・平松

■小山田2班
「住宅地の住民と農地の方々が交流できるような小学生の農業体験」

く:永田・永田・山元・佐々木・山本 千:杉村・竹内

■高向1班
「茶話会+モックル体操+コグニサイズ+α」

く:中西・阪本・北之橋・川村・今井 千:澤田・大水

■高向2班
「茶話会に学生が参加+学生考案のゲームや催し物実施」

く:石部・小林・斉藤 千:河瀬・山下

最後に聴講された市民の皆さんの感想を以下にご紹介します。
・8回にわたる講座の締めくくりとして、内容の濃いものが発表されて良かった。
・各地域の活動がこれ程活発に実施されている事に驚きました。人生100年時代に向けて情報入手し、自己実現を図りたいと思います。
・小山田、高向地区のふれ合い実践の様子がよくわかった。
・千代短は2年と短いので、継続性をどう進めるか。一過性に終わらないようにしていく必要がある。
・一生懸命考えて取組んできた様子が感じとれた。この活動を継続して実践につなげていただきたい。

ブログ内検索

カレンダー

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

過去の記事

ページ先頭へ戻る