HOME > ブログ

ブログ

くろまろ塾運営ボランティア

医療連携講座-大阪南医療センター編-のレポートをお届けします!

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2017年06月01日 10:20 |

皆さん、こんにちは。
くろまろ塾運営ボランティア広報担当の西岡です。
今回は、くろまろ塾ブログの第2弾として5月17日開催された医療連携講座(大阪南医療センター編)、テーマ「血管にできるこぶの話~静脈瘤から動脈瘤まで~」をレポートします。
テレビでも医療や健康に関する番組が人気のようですが、くろまろ塾でも医療連携講座は人気が高く今回も200名を超える受講者で大盛況でした。

第一部「静脈瘤について」は、大阪南医療センター 放射線科部長 神納敏夫先生からお話しを伺いました。
皆さん、「IVR」って聞いたことありますか?
最近CTなどによる画像診断が進歩し、切らない手術IVR(Interventional Radiology)が進歩しているとのことです。


なんと大阪南医療センターには、IVRの専門医が4人もいらっしゃるそうです。
国立病院機構でも先駆けで、この4月から低侵襲治療(IVRセンター)が発足され、外来もできたとのご紹介がありました。

さて、静脈瘤ですが、静脈には逆流防止弁がありますが、加齢や機能が落ちて静脈血が逆流すると、血栓やうっ滞が起こってこぶの様に膨らんだ状態の静脈瘤ができます。代表的なのは食道などにできる静脈瘤や足にできる下肢静脈瘤です。


主な治療法は、保存的治療、硬化療法、血管内の治療などがありますが、昔はストリッピング手術が行われる事が主流でした。ただし、皮下出血のため手術後痛むなどの問題がありました。
そこで、最近はレーザー装置で静脈を焼く手術が行われるようになりました。また、より患者さんに優しい非侵襲な最新のレーザー装置(照射波長:1470nm)の応用例を詳しくご紹介いただきました。


第二部「動脈瘤について」は同じく大阪南医療センター 放射線科医長 堺 幸正先生からお話しを伺いました。
皆さん、動脈瘤はこわい病気というイメージをお持ちではありませんか?

では、なぜでしょうか?
動脈瘤とは動脈の壁の弱ったところが伸びて膨らんでコブになった状態です。
動脈には常に血圧が掛かっているため、動脈瘤が破れると出血多量で助からない可能性が高くなるとのことです。
特に大動脈瘤が破裂した場合は特に危険ということでした。また、一般的には自覚症状がないのが、もう一つの怖い点だと言われていました。
ただし、お腹がドクドクして自分で気づく場合が24%程度はあるそうです。
治療については、部位にもよりますが破裂のリスク(動脈瘤が5㎝以上)があれば治療を勧める場合がでてくるようです。
最新の技術では、ステントグラフト(バネ付きの人工血管)を血管内に挿入するIVR(体にやさしい血管内)治療が出来るようになり、その解説をして頂きました。
治療後の経過も非常に良く、患者さんも楽だとのことでした。
身につまされる内容だった為か、講座終了後も多くの受講者が講師の先生方に質問されている光景が印象的でした。

皆さん、今後益々患者にやさしい治療法が進むと嬉しいですね。
ただし何事も、早期発見が大切です。
健康診断や人間ドックを忘れず受けるようにしましょうね。(^_-)-☆


最後に今回も、くろまろ塾運営ボランティアの仲間が、受付のお手伝いをさせて頂きました。
塾生の皆さんもボランティアに参加してみませんか?
詳しくはこちら>>>

こんにちは、くろまろ塾運営ボランティアスタッフです!

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2017年05月13日 09:30 |

皆さん、こんにちは。
はじめてブログ投稿します、くろまろ塾運営ボランティア広報担当の西岡です。
これから、不定期でくろまろ塾本部講座の様子をキックスブログでご紹介していきますので、皆さん宜しくお願いします!


さて、今回は、5月11日(木)開催の大阪府立大学連携講座3回目の様子をご紹介します。
講師は、大阪府立大学 大学院工学研究科 有馬正和教授です。先生は水中グライダーなどの海中ロボットを使った海洋環境の調査やモニタリングなどを研究テーマにされており、ご自身も水深40mまでダイビングされた事があるほどの海洋のスペシャリストです。
講座のテーマは「海中ロボットが見守る海の健康」で、世界で活躍する海中ロボットや大阪府立大学で進めてられている水中グライダー(ALEX、SOARER、宙SORA、Tonai60)のご紹介、ノルウェイやアラスカ、北海道羅臼での海洋環境生態系のモニタリングの体験談などについて伺いました。シャチの鳴き声も聞かせて頂きましたが、大きな体の割にはかわいらしい鳴き声に皆さん驚いていました。
クイズも沢山出題されましたので、一つご紹介します。

「問題:世界で一番深いのは、マリアナ海溝のチャレンジャー海淵 水面下10,911mとされていますが、これまで海洋最深部に行った人の数は何人でしょうか?」。
皆さん何人だと思いますか?

回答は、1960年のドン・ウォルシュ(米)、ジャックピカール(スイス)と、2012年のジェームズキャメロン(米)の2回3人とのことです、ご存知でしたか?
因みに、エベレストの登頂者数は公式記録ではないのですが、6,000名以上と言われ、また月面到達者は12名(周回軌道を回った人は24名)と言われていますので、この人数と比べても、どれほど困難なことなのかが想像できるかと思います。

また、ご紹介いただいた府大の水中グライダーの特徴は、青い光が使えるソーラーパネルを使用しているところです。太陽光の届きにくい海中での有り得ないチャレンジに驚きました。当日不参加で詳細を知りたい人は、「府大 水中グライダー」でWEB検索してみてくださいね。

また、これまで私たち海洋民族の日本人でありながら、あまり知らなかった事の紹介が多くあり、ロボットや船舶工学などの専門的なお話にも、塾生たちは現役の大学生かのように興味津々で聞き入っていました。質問も活発に行われ充実した講座になりました。


なお、今回から本部講座については、私たち市民ボランティアが受付など運営のお手伝いをさせて頂くことになりました。その様子もご覧ください。また、今後はボランティアメンバーが、司会などにも挑戦していく予定です。
ご期待くださいね。(^-^;

ブログ内検索

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去の記事

ページ先頭へ戻る