HOME > ブログ

ブログ

くろまろ塾運営ボランティア

特別講演会~睡眠管理で活力のある生活~を受講しました!

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2018年05月15日 17:30 |

皆さまこんにちは、くろまろ塾運営ボランティアの村上です。
二度目の登場です、よろしくお願いいたします。

春になると漢文の授業で習ったであろう中国唐代の詩人「孟浩然」の漢詩「春暁」:『春眠暁を覚えず、処処に啼鳥を聞く、夜来風雨の声、花落ちること知る多少・・・・・』を思い出す御仁も多いことかと思います。

今回は5月10日(14:00~15:30)、キックス・イベントホールで開催された「睡眠」のお話しです。

講師は河内長野市出身の西野精治氏です。長野小学校で学び、大阪医科大学を卒業。1987年より、スタンフォード大学睡眠センターで睡眠に関する病態生理・病因の解明などの研究に携わり、2007年より同大学の教授。
なお、西野氏は河内長野駅前の「西野布団店」の次男さんです。

本講座はそもそも加賀田公民館の方が西野先生の「スタンフォード式 最高の睡眠」を読み、先生が河内長野市出身と知って、加賀田公民館での講演を直接依頼し、快諾をいただいたことが始まりだそうです。そして、講演会開催となると、多数の聴講希望があると予想され、くろまろ塾事務局の河内長野市文化振興財団のサポートを受けて両主催でキックス開催になったということです。
下の写真は、講座の経緯を説明する加賀田公民館池田館長です。

さて、講座テーマは身近な睡眠ですが、医学という学問上の研究なので、普通の人が毎晩寝ることの常識を遥かに超えた夢のような世界の話しでした。
それでも、講師が分かり易く話されたこともあって、睡眠に関係するいくつかのお話しをご紹介出来そうです。

<会場は満員の盛況です>

それでは始めましょう。皆さんは「睡眠負債」という言葉をご存知ですか?
2017年の流行語大賞にも選ばれました。
この言葉はスタンフォード大学教授のWilliam C. Dement氏が最初に提唱されたそうで、「日々の睡眠不足が借金のように積み重なると、ついには心身に悪影響を及ぼす恐れの状態に陥る」ということのようです。

<それでは、睡眠について少しひも解いてみましょう!!>

①日本人の睡眠時間は世界と比べてどうか?


東京(左端)の人の平日睡眠時間(青色)は、外国と比べて最も短い。

②子どもの睡眠時間の推移は?


NHKの調査によると、年を追うごとに小学生(4~6年生)の睡眠時間は短くなっている。

③おとなの睡眠時間の推移は?


子どもと同様に短くなっている。

④睡眠のパターンとは?


ここはちょっとだけ詳しく説明します。本講座のキーポイントだったように感じたからです。
睡眠のパターンには「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」があります。
「ノンレム睡眠」; 脳も身体も休息状態にある。
「レム睡眠」; 脳は活動、身体は休息状態にある。
一般的な睡眠は「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」を繰り返します。
さて、「ノンレム睡眠」の中でも、眠り始めの最初の「ノンレム睡眠」は、睡眠全体の中でも最も深い眠りです。
この睡眠は90分続きます。この90分をしっかり眠れば、その後の睡眠リズムも整い、自律神経、ホルモンの働きもよくなるようです。そして、快適な朝を迎えられます。
そこで、西野先生はこの最初の「ノンレム睡眠時間」を「黄金の90分」と呼ばれています。

⑤睡眠障害は身体にどのような影響が?

睡眠障害はずばり生体リズム障害と表裏一体のようです。生体リズムの乱れにより、身体の色んなところに異常が現れます。
次の3枚のスライド画像を参照願います。

<感 想>
睡眠は疲れたから眠るぐらいのものと考えていましたが、身体に休息を与える大切な生体リズムの確保になくてはならないものだと知りました。
西野先生、多岐にわたっての講座、有難うございました。聴講者にとって、睡眠を考えてみるいい機会になったと思います。

ところで、睡眠不足は現代人の生活がなせるものかと思っていましたが、なんと平安の時代から、やんごとなきお方を悩ませていたようです。


<左中段に座っている女性は、不眠症とのことでした。>



<受付・司会のボランティアの皆さま、お疲れさまでした。>

「アートサイエンスを学ぶ!」講座の最終回

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2018年04月08日 20:00 |

皆さんこんにちは、くろまろ塾運営ボランティア広報担当の西岡です。
大阪芸術大学との連携講座「アートサイエンスを学ぶ!」3回シリーズ講座の最終回が3月30日(金)あいっく こども交流ホール(ノバティながの北館5階)にて開催されました。今回の講座は、大阪芸術大学「アートサイエンス学科」の萩田紀博教授から、「アートサイエンスとロボット」と題してお話を伺いました。


萩田先生は、慶應義塾大学大学院工学研究科修了。現在は「国際電気通信基礎技術研究所(ATR)知能ロボティクス研究所」所長として、人々の暮らしをロボット技術でサポートする研究開発を行っておられます。同研究所が開発したロボットには、遠隔操作型アンドロイド『ジェミノイド』、抱き枕型通信メディア『ハグビー』などがあります。


今回は、夜の講座にも関わらず中学・高校生など若い世代の受講者も多く参加していました。以下講座内容を少しご紹介したいと思います。
■さて、そもそも「ロボット」って何でしょう?
ロボットには、①センシング(みる、きく、さわる)②アクチュエーション(うごく、ジェスチャーする、話す、ものをはこぶ)③コントロール(スマホやセンサーとネットでつなぐ)と言った、3つの機能が必要なのだそうです。決して人間の形をしている必要はありません。私もそうですが、日本人はどちらかと言うと人間の形をした「人型ロボット」に愛着がわくようですね。

■これからの社会はどう変わって行くのか?
さて、ロボットが発達してくると、一部の仕事がなくなる可能性があるそうです。ただし、その何十倍もの新たな職業が増えるので心配はないのだと言われています。今でも、眼鏡をかけている⼈を視覚障碍者と呼ばないように、「やがて様々な技術やサイエンスとアートの融合によって障害が克服され障碍者と⾔う⾔葉がなくなる⽇が近づいてきている」との明るい展望を学会でも予測しているという話しをお伺いしました。
本当にそうなる日が早く来てほしいですよね。そして将来、スマホのスピードは、今の10億倍速くなり、サイズは10万分の1になり、医療が発達すると、なかなか死ねない時代が来るのだそうです。そうなると、健康診断の時は幾つもの粒状のロボットを液体のように飲み込むだけで良くて、その微細なロボット達が体の隅々まで不具合がないか駆け巡って調べてくれるようになるとのこと。ほとんどお医者さんにかかる必要がない時代が来るらしいのです。夢がありすぎて、ちょっと信じがたいと思ったのは、私だけでしょうか?

■アートサイエンス学科
20世紀は、テクノロジーだけが急速に発達してきた感がありますよね。今回の講義を聞かせて頂いて、アートサイエンス学科では、AIやロボットなどの最先端のサイエンスを取り入れつつ、アートをないがしろにせず、人間が疎外感をもつことのない「人間性豊かな、新しいアートを創るための学問」が学べるのだなと感じました。

■今回聴講した一般受講者の感想を以下にご紹介します。
・時間が経つのを忘れ、ワクワク感の授業でした。また夜の講座をお願いします。
・ICTの活用で想像できないような世界が広がっているのだと、わくわくした気持ちになりました。
・これからの時代の動き、ロボットと楽しく生きる時代をボンヤリと想像することができて楽しい内容でした。
また、学生(高校生以下)の受講者から、「内容が充実して参加しやすい時間であった。スライドがあって理解しやすかった」、「講座をよりたくさん受けてみたいと思った」など、運営側にとって非常に嬉しい感想をいただきました。
今晩の講座を機会に立派な研究者を目指して頑張ってほしいですね♪

最後に、今回もくろまろ塾運営ボランティアの仲間が、キックスの職員と一緒に受付やアンケート回収に活躍してくれました。お疲れさまでした。(^o^)/

くろまろ塾運営ボランティアの活動動画が公開されました!

キックス スタッフ2018年04月05日 11:30 |

皆さんこんにちは、キックススタッフです。
新年度に入って、本日より5月の本部講座の受付を開始いたしました。
どちらも人気の講座ですので、お早めのお申込みをおすすめいたします。
詳しくはこちら>>>

さて、昨年度から活動が始まったくろまろ塾の運営ボランティアが1年経とうとしています。
現在、ご登録いただいている12名の皆様が本部講座の受付から司会、記録、広報と幅広くご活躍いただいております。
そんな皆様のご活躍の様子がこの度、河内長野市YOUTUBEチャンネルで公開されることになりました。\(^o^)/

前回のキックス施設の紹介動画に引き続いて、先月に行なわれた医療連携講座-大阪南医療センター編-の時にも、河内長野市の広報広聴課スタッフさんにお越しいただいて下記動画を作成いただきました。(お忙しい中、動画の作成および公開有難うございました。)

ボランティアの皆さんが生き生きと活動されている様子が動画で紹介されています。(^^♪
くろまろ塾事務局スタッフとして、この様な動画が公開されて本当に嬉しく思います。(^^)/

こちらの動画ご覧になられて興味を持たれた方、くろまろ塾運営ボランティアは無理なく活動にご参加いただく事が可能です。
詳しくはこちら>>>

くろまろ塾事務局スタッフ一同、皆様の参加を心よりお持ちしております! m(_ _)m

「アートサイエンス」講座が始まりました。

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2018年03月15日 09:30 |

21世紀のデザイン(ロボティクス)

皆さんこんにちは、くろまろ塾運営ボランティア広報担当の西岡です。
大阪芸術大学との連携講座「アートサイエンス」3回シリーズ講座が3月9日(金)あいっく こども交流ホール(ノバティながの北館5階)にて始まりました。
今回の講座は、2017年4月から新たに大阪芸術大学に開設された「アートサイエンス学科」の教授陣が現代から未来のアートデザインについて3回シリーズ講座でわかりやすくご紹介頂きます。

第1回【アートサイエンスと先端デザイン
第1回講師の中川志信先生は、武蔵野美術大学卒業後「松下電器産業(現パナソニック)」で家電デザイナーとして活躍後、ロボティクスデザインを中心に研究を開始され、現在は大阪芸術大学アートサイエンス学科教授(学術博士)としてご活躍されています。

今回の講座では、

① 20世紀の工業製品のデザインを、「デザイン×エンジニア」の時代としてビデオカメラ等のデザインや広告をご紹介頂きました。

② 21世紀の「AI」や「IOT」の技術を組み込んだ先端デザインを「アート×サイエンス」として、ロボットの動作設計を中心に語って頂きました。そこでは、非言語の動作や表情などノンバーバルコミュニケーションを重視した動きを取り入れるため、文楽人形の動きをデータ化し解析結果をロボットに搭載してみた上で、それを人がどう感じるかを測定するなど、科学的なアプローチを試みた経緯もご紹介頂きました。

③ 未来のデザインとして、老人の認知症に対応し症状進行を留める手立てになるようなロボットとして、家族の会話音声にあわせて、その顔写真の表情が自動で変化するアプリを搭載した場合に、認知症の人の会話の相手として成り立つ実験の様子などをご紹介頂きました。

今回の講座では、他では聞くことのできない最先端のロボットデザインのエッセンスをご紹介頂きました。講座のなかで、常に一本貫かれていたのは、「中川先生のデザインやアートで世界中の人を感動させたい」との思いや情熱です。中川先生は、長年日本人が培ってきた伝統工芸や芸能に流れているDNAが、アニメで花開いたように、アートとサイエンスの融合は、将来ロボットのデザインにおいて、再び世界中の人を感動させることが可能であると確信されているようでした。日本には古く近松門左衛門の芸術論に、『虚実皮膜論』があり、浄瑠璃などの芸は、実際に人に似せて演じるが同時に美化するものであり、あまりにリアルすぎるとかえって興ざめしてしまう場合がある。同様に「ロボットやアニメの動きも人間と全く同じでもよくないことが多いようです。表情やしぐさの研究がさらなる先端デザインを育んで行くことになりそうです。今後の先生の研究の発展が、楽しみですね。

今回聴講した高校生と中学生の感想を以下にご紹介します。
・最近バーチャルYouTuberが流行っており、誇張を利用している理由がよくわかりました。
・アニメとロボットの動きを一緒にすることで、ロボットに対する恐怖や壁を壊せる可能性を感じました。
・日本の文楽など昔からの文化の大切さを知りました。
・質問によって細かく聞けたところ、ニュースなどではえられない、深い情報が知れたことが良かった。また、時間帯が遅めで参加しやすかった。高校生の参加費は無料なので、友人も誘いたい。

以下は一般参加者の感想です。
・日本古来の文楽がロボットの動きに応用されていたので、驚きました。認知症用ロボットの開発の話、とても良かったです。
・ARTの追求に徹底的にサイエンスに取り組んでいること、その情熱に感動した。理想を追い求める情熱の高さに感動。

次回のアートサイエンス講座は、3月23日(金)、テーマは『アートサイエンスとプログラミング』です。お申し込みはお早めに…。

最後に、今回もくろまろ塾運営ボランティアの仲間が受付やアンケート回収に活躍してくれました。
お疲れさまでした。(^o^)/

大阪千代田短大連続講座の成果発表がキックスで行なわれました。

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2018年02月08日 13:00 |


皆さんこんにちは、くろまろ塾運営ボランティア広報担当の西岡です。大学連携講座「大阪千代田短期大学編 地域の生活課題と福祉2」の第8回「課題解決プログラムの実践結果の報告会」が2月4日(日)イベントホールで開催されました。
本講座は、昨年9月から、大阪千代田短期大学の学生さんとくろまろ塾(河内長野市民)がチームを作り、地域の課題をとらえ、改善アイデアを出し合い、「地域住民」と「福祉」の視点から解決プログラムを立案し、できれば実践に持ち込むことを狙いとして始まりました。


今回は、対象地域を「小山田小学校区」と「高向小学校地区」に絞り、各2班に分かれ全4班で取り組みました。今年も、大阪千代田短期大学の青木淳英教授のご指導を受け、「行政に依頼するような内容ではなく、住民自らが取り組み実践できるプログラムを立案する」ことを基本的な考え方として取り組みました。
実際に地域に学生と市民がチームで出向いて、地域の実情をヒアリングするフィールドワークに始まり、問題点を分析し、アイデアを出し合い7回の授業が行われました。学生の若々しい閃きと、市民のいぶし銀のアイデアが、時にはぶつかり合い、時には融合しながらアイデアが絞られていく過程が報告されました。学生と市民そして関わってくださった多くの地域住民の方々が、ふれあい、触発され、気付きが生まれました。実施できた一例をあげると、学生のアイデアである「高齢者でも座ってできる輪投げ漁」のゲームの様子が報告されました。これは釣り竿に輪投げの輪をつけてボールを手繰り寄せるゲームですが、高齢者も楽しめ盛り上がった様子などが参加された地域の方からもイキイキと報告されました。各チームとも質疑応答も活発に行われ、意義深い報告会になりました。
以下に参加された皆さんと考案されたプログラムをご紹介します。
【く:くろまろ塾 千:大阪千代田短期大学 (敬称略)】

■小山田1班
「学生と参加者(子ども・保護者)とでプチ運動会を開く」

く:村上・藤原 千:安岡・平松

■小山田2班
「住宅地の住民と農地の方々が交流できるような小学生の農業体験」

く:永田・永田・山元・佐々木・山本 千:杉村・竹内

■高向1班
「茶話会+モックル体操+コグニサイズ+α」

く:中西・阪本・北之橋・川村・今井 千:澤田・大水

■高向2班
「茶話会に学生が参加+学生考案のゲームや催し物実施」

く:石部・小林・斉藤 千:河瀬・山下

最後に聴講された市民の皆さんの感想を以下にご紹介します。
・8回にわたる講座の締めくくりとして、内容の濃いものが発表されて良かった。
・各地域の活動がこれ程活発に実施されている事に驚きました。人生100年時代に向けて情報入手し、自己実現を図りたいと思います。
・小山田、高向地区のふれ合い実践の様子がよくわかった。
・千代短は2年と短いので、継続性をどう進めるか。一過性に終わらないようにしていく必要がある。
・一生懸命考えて取組んできた様子が感じとれた。この活動を継続して実践につなげていただきたい。

ブログ内検索

カレンダー

2020年5月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去の記事

ページ先頭へ戻る