HOME > ブログ

ブログ

くろまろ塾運営ボランティア

植物の生命~植物の生き方と種子のふしぎ~種子の不思議と進化

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2019年08月01日 09:00 |

みなさま、こんにちは!
くろまろ塾運営ボランティアの後藤です。よろしくお願いします。

特別講座:植物の生命~植物の生き方と種子のふしぎ~(全2回)
①世界の山の植物とその生き方
②種子の不思議と進化
を受講しました。
今回は、第2回目をレポートさせていただきます。

講師の久山敦先生は、鶴見緑地にある「咲くやこの花館」の館長さんです。英国王立キュー植物園で研修された後、植物を求めて世界中を旅されたスケールの大きい方です。
第1回目の講座ではチベットの珍しい高山植物レウム・ノビレを始めとして、世界の様々な環境で育つ高山植物を、自らの足で巡って撮影された数多くの写真を用いて解説されました。

今回は、種子の講座ということで、タビビトノキ(チラシに載っていた鮮やかな青いタネ)、アルソミトラ(空中をグライダーのように舞うタネ)、オオミヤシ(世界一大きいタネ)等々、数多くの珍しいタネの標本を持ってきてくださり、講座が始まる前から展示の前は大賑わいでした。

(ククイの実のレイを掛けて、オオミヤシの説明をされる久山先生)

(数多くの珍しい標本が展示されました。)

講座は、ダーウィンの進化論の
「生き残るのは、最も強い種ではなく、最も賢い種でもない。生き残るのは、変化に最も順応できるものである。」(『種の起源』より)
という1節から始まりました。

最近のテレビ番組では、食虫植物が虫を捕まえる様子を「賢いですね!」と言われるが、これはおかしい。生物が進化した姿を見て「賢い」、「工夫している」というが、世代交代の際にDNAの異なるものとの間で生じた複数の個体には、バラツキがあり、その中で環境に適した個体が残り、「賢く」見えるだけと話されました。
メンデルの法則から、孫の代に「バラツキのある種子」が生じること、そして環境に適し生き残れたDNAを持つものが進化したものとして残ること(有性生殖による進化)を教わりました。

一方で、果物の挿し木、株分け、さらにはランの成長点培養などの、自然発生の変異株や品種改良されたクローン株による無性生殖が人類にとって重要な役割を担っていることと、単一の遺伝子を持つものを増やしたせいで絶滅の危険性があることも、バナナを例に教えていただきました。

野生のバナナは黒い種だらけで実の部分が少ないものでしたが、たまたま種の無い品種を見つけて、株分けで増やしたそうです。ところが、フザリウムというカビの一種による病気で、同じ遺伝子を持つ株は壊滅的な被害を受けました。
一種類のバナナは滅びてしまい、現在はキャベンディシュという、日持ちがして、料理にも使える品種が栽培されていますが、キャベンディシュもフザリウムによる新パナマ病で絶滅の危機に瀕しているそうです。
種の無いものから新しい品種を作り出すことは難しく、種一粒はダイヤモンドより高くつくそうです。

有性生殖による「進化」と、品種改良されたクローン株による無性生殖と、これら相反するものがいずれも人類にとって重要であることを教わりました。

さて、ここからは実際に貴重な標本を見ながらの種子散布のお話です。
全部は紹介しきれないので、その中のいくつかを紹介させていただきます。
なかなか子離れできない人間と違って、植物は子供をなるべく親から遠くに離れていくように、時には何千キロも遠くに散布します。
動くことのできない植物にとって、種子散布は唯一の移動のチャンスなのかなと思います。
風に運ばれるタネ、水に運ばれるタネ、動物に食べられるタネ、アリが運ぶタネ、動物にくっついて運ばれるタネなど散布の方法はさまざまです。

まず、風散布のタネですが、アルソミトラ(ハネフクベ)を実物を手に説明されました。
アルソミトラは熱帯アジア原産のウリ科のつる植物で、雌株のつるが数十mに伸びると樹上に頭ほどの果実をつけ、その中には三百枚程度の種子つきの羽根ができます。
熟すと底に開口部ができ、1枚ずつ親株から離れた場所に飛行していきます。1m下がる毎に4mほど水平に移動するそうです。
以前、LIXILギャラリー「種子のデザイン/旅するかたち」展で、熱帯雨林を滑空するアルソミトラの映像を見たことがありますが、グライダーのようでした。
人類が空を飛ぶ夢を追い求めていた時代、アルソミトラの構造を参考に飛行機が作られたそうです。

ところで、下の写真は何のタネでしょうか?

大抵の人は答えられないそうです。
私もウバユリの実に似ているのでユリの仲間かな?と考えましたが、わかりませんでした。
答えはチューリップです。
莢の中にタネがあり、蒔いて育てると花が咲くまでに最低8年かかるそうです。
ふつうは球根を育てて、花を切って球根を太らせるので、タネを見る機会はありません。

これは原種のチューリップです。
チューリップの生産地はオランダが有名ですが、原産地はトルコです。
トルコではラーレと呼ばれ、トプカプ宮殿を飾ったチューリップが、オランダに伝わり、チューリップ・バブルを引き起こした歴史には心惹かれるものがありますが、原種のチューリップは育て方によっては30~40年生き続けることができるそうです。
原産地が乾燥地帯なので、梅雨が苦手ですが、水はけのよい日向土に植えると植えっぱなしでも大丈夫だそうです。

咲くやこの花館に昨年春、パラボラッチョ「酔っぱらいの木」と呼ばれる3トンもある樹が運ばれてきました。この樹は元々館内で育っているトックリキワタの仲間で、アルゼンチン原産で、飛行機で運ばれてきたそうです。

トックリキワタの繊維は、油分を含み水をはじくので、発泡スチロールなどが登場するまでは、救命具に使われていました。種子は繊維と一緒に親株から離れた場所に運ばれ、親子が光の取り合いなど競い合うのを防止します。

トックリキワタは、咲くやこの花館で最初なかなか実をつけず、違うクローンの枝を接ぎ木して、やっと今のように沢山の実をつけるようになったそうです。
上の写真でハイビスカス似の花が3タイプ見られるのは、違う木の枝を接いだためで、1株で3株の役割を果たしています。
接ぎ木は人間の知恵ですが、果樹では古い幹を使って新しい品種の枝で果実のなるものを接ぎ木すると、すぐに実がつくそうです。

マダガスカルに自生するタビビトノキは美しいコバルトブルーのタネをつけます。
この青色は種子を被う毛の色ですが、現地のラッフルキツネザルが好む色で、種子を運んでくれます。白い花をつけますが、蜜が多く、花粉媒介もこのキツネザルがしていることが分かったそうです。
南アのゴクラクチョウカの仲間ですが、タビビトノキという名前の由来は、葉が東西方向に広がり旅人に方角を示すとか、葉柄を切ると水が出て旅人の喉を潤すとか言われていますが、実際は方角は当てにならず、水は汚いそうです。

水散布のオオオニバスの花は18時頃に咲き始めます。
白い美しい花でバニラのような良い香りがし、これに誘われたコガネムシの仲間は蜜を吸いに中にはいります。
そして一晩花の中にとじこめられますが、その際に他の株の花粉を雌しべに運びます。ただその時点ではこの花の花粉はシールされていて、自家受粉しない形になっているそうです。
翌日、花は虫の好まない赤色に変化し、花粉が現れて虫の体につき、この花粉は他の株に運ばれて行きます。
ハスの種子は、大賀ハスを始めとして寿命が長いことで有名ですが、蒔いても直ぐに発芽する種子や50年後に発芽する種子など様々で、これは池の水が抜けたりしても生きる次のチャンスを狙うリスク管理だそうです。

最後は、付着動物散布です。
ひっつき虫に付かれた可哀そうなワンちゃんと、ひっつき虫からヒントを得て作り出されたマジックテープです。
飼い犬にくっついたゴボウの種子がマジックテープ発明のヒントだったのですね。

この他にも、様々な植物の生き方と進化した種子を紹介してくださいました。
その一つ一つを自分で調べて、勉強して、さらに深い知識としたいと思う講座でした。

司会、受付を担当して頂いたくろまろ塾運営ボランティアの皆さま、お疲れさまでした。

漢字講座始まりました!

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2019年07月21日 09:00 |

皆さん、こんにちは。くろまろ塾塾生の西岡です。

今年も、後藤先生による「漢字研究の巨星、白川静の世界4」の講座がスタートしました。今日は、あいにくの雨天にも関わらず多数の塾生が受講しました。なりたちから漢字を覚える楽しさを1回でも味わうと、癖になってしまうのかも知れませんね。人気の高さが伺えました。

今年のテーマは、「衣・食・住」を3回に分けて学びます。今日は「衣」がテーマでした。
漢字が出来た3000年前頃には、すでに「衣」に関する様々な漢字が使われていました。当時は絹と麻はあったが、木綿はまだありませんでした。蚕は日本では、白川郷など室内で飼うのが普通ですが、当時は屋外で飼っていたことが「蚕」と言う漢字からも伺い知ることが出来ます。

また、「衣」は、単に身に着けるものではなく、「そこに霊が宿る神聖なもの」とのニュアンスが含まれているとの、文化的な背景まであったことを学びました。例えば、「初」の漢字は「衣」偏に「刀」と書きますが、赤ん坊に魂を受け継ぐために初めて産着を作るとき、反物をハサミなど刃物で裁ちます。そこから、「初」と言う漢字ができました。そう言えば「裁」という漢字にも「衣」と「矛づくり」が入っていますね。

中国の古い詩集『詩経』に、「緑衣」の詩という、形見の衣裳を題材に亡き妻への思慕をうたった切ない詩があります。衣はその人の魂を包むもの、いや魂そのものであったと言えるのかも知れません。白川静先生翻訳のその詩をご紹介しましょう。

緑衣

緑なり緑の衣

緑の衣に黄の裏地

亡き人に心憂ふる

その憂ひやむときもなく

 

緑なり緑の衣

緑の衣に黄の裳(もすそ)

亡き人に心憂ふる

その憂ひやむときもなく

 

緑なりその絲も

みづからに織りなせり

亡き人を思い出づれば

あやまちのなかりし人ぞ

 

うす衣掲げたるに

秋風の冷たさよ

亡き人を思い出づれば

魂あへる人なりけるを

講座の終わりに「甲骨文字」を読み解くチャレンジと甲骨文字サンプルの書籍『殷 甲骨文集』(二玄社刊)が紹介されました。先ずは、「十二支十干」の甲骨文字を覚えてしまいたいですね。(-_-;)

講座終了後も、熱心に質問する受講者の皆さんの姿がありました。

8月には、久保先生による親子で学ぶ漢字講座「漢字で知ろう昔のくらし」も始まります。夏休みに親子でぜひご参加ください。(^o^)/

今回もくろまろ塾ボランティアが司会や受付に活躍してくれました。お疲れ様でした。

 

大学連携講座-桃山学院大学編-を受講しました。

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2019年07月05日 20:00 |

 

こんにちは!くろまろ塾運営ボランティアの村上です。
「大学連携講座-桃山学院大学編-現在の世界経済と日本(全5回)」を受講しました。その第一回、「①<ヨーロッパ>「景気停滞とナショナリズム高揚の危機」の報告です。
開催日時:2019年6月27日14:00~15:30 開催場所:キックス・大会議室

令和時代最初の台風来襲!?の中、受講者40名は熱心に講座に耳を傾けました。

中野先生

 

講師;桃山学院大学経済学部・学部長「中野 瑞彦」教授。
中野先生は、「銀行論」、「国際金融論」を専攻、「銀行業務の多角化と金融システム安定化のための課題」等を研究され、『Financial Crisis and Bank Management In Japan 2000-2016』等、この方面の著書、論文等を多数発表されています。

平成の時代、「日本経済はバブル経済の絶頂から低成長時代へと大きく変貌」しました。しかし、このことは日本に限ったことではなく、世界的な現象です。近年、グローバル経済から保護主義経済に逆戻りしそうな様子も見せ始めています。
今回の講座は正にこのような時代に即したなかなか興味深い講座でした。

————————————————————————————————————————————-

世界経済の喫緊の課題は英国のEU離脱問題です。
講座ではこの課題の波及する事をかなり詳しく説明して頂きました。
本ブログではその中で下記に絞って報告させて頂きます。

・①世界に溢れている780万人の難民はどこへ行くのか?
・②ヨーロッパどうなるのか?
・③日本にどう影響するのか?

①それでは、ヨーロッパを中心に各国が受け入れている移民から話しを進めます。

主だったヨーロッパ諸国は国民総人口の10%以上の移民を受け入れています。
EU加盟国全体で5,885万人にもなります。なお、日本はわずかに238万人です。

 

アフリカ、中東地域の難民の流れは、トルコ、イタリア経由→ヨーロッパが主な流れです。

難民は経済的に豊かな国への移民を希望します。その理由は、仕事があるからです。
その結果、難民を受け入れている国の失業率は高くなります。次表を参照。
そして、若者をも巻き込んだ「移民受け入れ反対運動」が起こるのです。
過度の反対運動となれば、社会不安にまで繋がるでしょう。
英国のEU離脱はこの運動を助長することになるでしょう。

 

②それでは、「ヨーロッパはどうなって行く」でしょうか?

やはり、イギリスのEU離脱の成り行きが大きく影響するでしょう。
ヨーロッパは第2次大戦後、チャーチルが打ち出した「欧州合衆国構想」に端を発して、1967年の「欧州共同体(EC)」が発足、1993年にはマーストリヒト条約発効により、「欧州連合(EU)」と繋がりました。
しかし、現EUは「経済政策の一元化」を求めませんでした。そのため、各国間の経済格差が助長され、各国間に不満が生まれることになりました。

そして、近年、各国にナショナリズムを強調する政治集団も生まれ始めました。
その一つが、英国のEU離脱に関わる政治問題です。

ヨーロッパの大方の国は、現在のEU体制維持に努めるであろうが、その一方、自国のナショナリズムの高揚とも向き合わねばならないでしょう。

③最後の項目です。それでは、「日本に、どう影響する」でしょうか?

・日本の貿易相手地域の比率は下記の通りです。
総輸出82兆円に占める各地域の割合:アジア;55% 北米;20% 西欧;12%
総輸入83兆円に占める各地域の割合:アジア;47% 中東;13% 西欧;13%
モノの貿易収支は、日本の赤字1.0兆円です。
日本の対西欧の主な相手国は、ドイツ、イタリアです。
その主な貿易品は自動車・医薬品・バッグ類です。

・現在の日本から西欧への直接投資は対アメリカの約70%です。
・貿易相手国の上位3国;英国・オランダ・オーストリアです。
・今後、本社、生産拠点を英国から他のヨーロッパ国に移す企業が出てくるでしょう。
・その理由は、企業としてEU内に残る事を選択するからです。
・EUの混乱により、日本のヨーロッパに対する直接投資が後退する可能性もあります。

・現在、西欧を経由するマネー(オイル・ダラーなど)の動きは活発ですが、英国ロンドン・シティからパリないしフランクフルトの市場に移動する可能性があります。
・そして、EUの混乱がユーロの不安定化にまで繋がれば、世界経済全体は間違いなく混乱する恐れがあります。

————————————————————————————————————————————-

以上が講座の概要です。
現在の世界経済の拠点(アメリカ、中国、日本、ヨーロッパ)の一つでもぐらぐらとすると、世界経済に種々の大混乱を与えるでしょう。
それを避けるためにも「G20」のような世界会議が重要なのであろう。

受付、司会を担当して頂いたくろまろ塾運営ボランティアの皆さま、お疲れさまでした。

以上

「メリー・ウィドウが描かれた時代背景」を受講しました。

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2019年06月19日 14:00 |

皆さん、こんにちは。くろまろ塾塾生の西岡です。
皆さんはオペラやオペレッタを観に行ったことがありますか?
歌が中心のオペラに対して、オペレッタは、歌あり・セリフあり・ダンスありの基本的には喜劇です。
オペラより、気軽に観ることができる感じがしますね。出演者もオペラの方が高位にある感じですが、スキルの高さはオペレッタの方が求められるようです。どちらもクラシック音楽が基本です。今回の講師はオペラ演出家の唐谷裕子先生です。

本講座では、『メリー・ウィドウ』の原作が書き下ろされた時代(1861年)やオペレッタとして初演を迎えた時代(1905年)の頃に焦点をあててお話しくださいました。そのころの世相、つまり世界は戦火の中にあったこと、当時の日本の動きも紐解きながら、なぜこのメリー・ウィドウが大当たりし、100年以上経った今も人気があるのかを解説いただきました。演出家としてのお話なので、オペレッタの魅力が、お話の端々にちりばめられていました。このオペレッタを一度観てみたいと思った受講者も多かったのではないでしょうか。

『メリー・ウィドウ』の作曲家フランツ・レハールについても詳しい解説がありました。チェコのプラハでドボルザークに出会い作曲の才能を認められたことや、ワルツ『金と銀』の作者でもあること、妻がユダヤ人でありながらヒトラーのお気に入りであったことなど、初めて知りました。

「メリー・ウィドウ」のあらすじは、莫大な財産を持つポンデヴェドロ国のハンナと言う未亡人に、同国のダニロと言う男性と再婚させて、財産が国外に流出しないようにします。途中様々な出来事や、素直になれない二人があり、何度か揉めますが、結局二人は無事結ばれ、ハッピーエンドでオペレッタが終わります。

金融資本家が登場した1900年当時、文化の中心はパリにありました。講座を受けてみて、人間の本質である金銭や大人の恋愛など、現代に通じる世相がすでにその頃からあり、変わってないのかなと感じさせられました。
この7月13日(土)、14日(日)に、本作品のオペレッタが河内長野(ラブリーホール)で観られます。皆さんも、この機会をお見逃しなく。(^o^)/

 

また、会場後方にて関連図書も紹介されました。

 

最後にいつも活躍してくださっているくろまろ塾ボランティアの皆さんお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

「関節リウマチのトータルマネジメントケアについて」受講しました!

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2019年06月15日 17:00 |

開催日時:令和元年6月5日14:00~15:30 (キックス・イベントホールにて)

ご無沙汰です。くろまろ塾運営ボランティアの村上です。
新元号「令和」の時代になり、何となく心が弾んでいます。同時に「平成の時代は戦争がなく、安堵しました」との先の天皇のお言葉に感慨深いものを感じたりもしています。

今回は「関節リウマチのトータルマネージメントケアについて」を受講しました。講師は大阪南医療センターの吉田 祐志 先生です。

吉田先生は大阪大学医学部博士課程(医学博士)を終了後、大阪大学大学院(医学系研究科)、アメリカのWeill-Cornell University、Rockefeller University、大阪急性期総合医療センター等での研究を経て、平成30年4月より、大阪南医療センターリウマチ膠原病アレルギー科医師として勤務されています。

吉田 祐志 先生

「関節リウマチ」は、よく耳にする病気です。講座ではかなりきめ細かく話して頂きましたが、このブログではそのエッセンスのいくつかをご紹介できればと思います。

さて、「関節リウマチ」は原因が今なお不明な病気であります。免疫の異常により複数の関節に炎症が起こり、さらに進行すると軟骨/骨をおかし、関節破壊、変形が起こってきます。男性より女性に多発するのも特徴です。しかも、働き盛りの年代層に発症し易い病気であります。

〇発病男女比率 1:3~5 〇好発年齢 30~50歳

「関節リウマチ」の発症は、環境因子、遺伝因子の影響を受け、関節の炎症、免疫の異常を引き起こします。そして、関節炎、さらにその他の合併症に繋がります。

「関節リウマチ」を発症すると、骨の破壊が起こります。なお、炎症は関節を覆う骨膜で起こります。そして、関節破壊は図のように進行します。

それでは、「関節リウマチ」の診療科は・・・? 図にも示す通り、リウマチ科、整形外科、内科等、総合的な診療が望まれます。病院側の体制として、大阪南医療センターの「関節リウマチにおけるチーム医療」も参考願います。

「関節リウマチ医療」には、下記のようなことが配慮されています。

①関節破壊の進行を抑制、日常の生活機能を維持し、同時に感染症、合併症にも対応する。

②リウマチ医療は患者と先生がともに決めるべきである。

③最も重要なことは、長期にわたる治療の間も生活の質を良好に保つ。

④治療ゴールの達成に最も重要なことは、関節の炎症をとめること。

 

簡単に言うと下表のようなことになります。

「関節リウマチ」の治療には、薬剤療法、手術療法、ペインコントロール、合併症対策などあります。

最も汎用な治療である「薬剤治療」をちょっと詳しくご紹介します。
「関節リウマチ」の治療薬には「JAK阻害薬」、「生物学的製剤」、「ステロイド」、「MTX」があります。

それぞれの薬剤の特徴は・・・・・!

「MTX:メトトレキサート」は

1.よく効く、長く続けられる

2.寿命を延ばすと証明されている:基本治療薬である

3.週1~2日:医師が指示した日だけ飲む

4.週2~4錠で開始。最大週8錠まで(個人差があるので採血結果を見て増量)

5.開始前:結核暴露歴の検査・胸のレントゲン・肝炎ウイルス検査などが必要

 

 

「ステロイド薬」は

ステロイド薬の良い点 ステロイド薬の悪い点 ステロイド薬の注意点
1.炎症を抑え、腫れや痛

みをとる

2.速効性で効果が強い

3.妊娠中も使用可能

4.腎臓、肝臓の負担少

1.感染症のリスクが高

2.骨粗鬆症になり易い

3.糖尿病になり易い

4.関節破壊の防止効果が乏しい

1.自己調節しない。勝手に中止しない。

2.医師の指示通り計画的に減量する。

ステロイドは炎症を抑える

補助の薬として、初期に抗

リウマチ薬と併用して最小

限で使用すること

 

 

「生物学的製剤」は

1.生体内の悪い物質だけに効くように設計されている。

且つ、生体内に存在するような形で作った薬(タンパク質製剤)

2.いずれの生物的製剤も非常によく効く。

50~90%の人に有効

15~50%の人に寛解

3.しかし、高い!!

 

「生物学的製剤:JAK阻害薬の光と影」とは

<JAKという酵素を阻害し、免疫反応に関わるサイトカインの働きを抑えることで関節リウマチの症状を改善する薬>

・優れた臨床結果が得られている

→疼痛/骨破壊の抑制  ADLの維持/改善

・しかしながら、薬価は高い!!

・感染症に注意が必要! → しかし、一番の感染リスクはステロイド!

・原因治療ではない → 長期の使用が必要 → 近年は減量の研究が進んでいる!

 

 

薬の副作用

 

薬の効能比較

 

「関節リウマチ」の薬物以外の治療
・患者の病気の理解(教育・学習)
・リハビリ
運動で骨は新陳代謝する(古い骨を吸収、新しい骨に置換)
使わないと筋力も低下
活動性が高い時:安静中心で機能を保つ程度のリハビリを行う
活動性が低下したら、徐々にリハビリを増やしていく
リウマチ体操:インターネットで動画が見られる

・手術
人工関節置換術(ひざ・股関節・ひじが主)
関節固定術(首・手首・足首が主)
関節形成術(外反母趾・うち指など)

リウマチ治療の目標
QOL(Quality of Life)の向上
→ ・疼痛緩和 ・関節破壊の抑止 ・生命予後の改善

この後、講座は妊娠中の影響、平均寿命と健康寿命など多方面に続きましたが、本ブログではここまでとさせて頂きました。

ちょっと意外な事でしたが、「関節リウマチ」は原因も分からず、完治もしない病気です。それだけに、早期発見、継続して治療に努めることが大切であると学びました。

最後にちょっと意外なお話しをもう一つ
あの有名なルノワール、ノーベル、アガサクリスティ(英国の推理小説作家)も
関節リウマチを病んでいたとか・・・。それでも、立派な人生を送りました。

吉田先生、色々と多方面からの講座、ありがとうございました。

 

司会、受付を担当して頂いたくろまろ塾運営ボランティアの皆様、お疲れさまでした。

おわり

ブログ内検索

カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

過去の記事

ページ先頭へ戻る