HOME > ブログ

ブログ

久しぶりにキックスに来てみた

キックス スタッフ2020年09月17日 12:00 |

 

みなさん、こんにちは。
キックスホームページ編集ボランティアの西岡です。

図書館から、予約していた本が用意できたとのメールが届いたので、9月5日(土)久しぶりにキックスに行ってきました。駐車場は、以前より空いてるって感じがしました。キックスの玄関に入ると消毒用アルコールと「大阪コロナ追跡システム」のQRコードの立て看板が設置されており、スマホでQRコードをスキャンして自分のメールアドレスを入力して送信ボタンを押す(スマホを持っていない場合は、手書きで「入館者カード」に記入しボックスに投函しておけばよい)。これで、もしここでクラスターの発生などがあった場合に、お知らせしてもらえます。1階フロア―は大きなソファーが無くなっているのでガランとした感じで、換気のために大きな扇風機が回っていました。くろまろ塾の講座のポスターには、「中止」の貼り紙が貼られており、寂しい感じがしました。

 

図書館に入ると予約本はすぐに借りることが出来ました。館内は、新型コロナウイルス感染予防のために、三蜜を避けるため座席にブルーシートが掛かっており、椅子の数も間引かれていました。また、館内の滞在は30分以内と放送で呼びかけられていました。少し他の本も見てみようと思いましたが、一度手に取った本は棚に戻さず、消毒のために青い籠に入れることになっています。新たに図書の消毒器も導入されていました。本棚の本を数冊、目で追い、あまり触らず1冊だけ追加で借りることにしました。それと、いつも閲覧していた最新刊の月刊誌に目を通し、青い籠に戻して帰宅することに。

図書館から出ると、カフェド「くすくす」は営業していました。時間があったので、ケーキセット(今日はアイスティとバニラアイス&アップルパイ)を注文し、しばし休憩することにしました。ケーキセット400円は、コスパ良いよね。

3階の会議室も空き部屋ばかりかと思ったら、ボランティアや学習会など3つのグループが活動されているようでした。大人数でなければ、感染対策をしっかりやれば活動出来る様です。コロナ禍で、最近は音楽スタジオの新規利用者が増加しつつあるらしいとのこともお聞きしました。まだまだ新型コロナウイルスの影響で、窮屈な毎日ですが、図書も借りることができるので、これまで読めなかった専門書や長編小説の読破にチャレンジするのも良いチャンスかも知れませんね。

久しぶりに来てみたキックスは、寂しい感じがするものの、図書館の新たな取り組みとして、自宅や外出先で電子書籍が読める「電子図書館」のサービスが9月から始まっているなど、少しづつ「新しい生活様式」になれることで、徐々に以前の生活に戻れるのではないかと感じました。それでもやっぱり、早くコロナ感染が収束し、「くろまろ塾」の講座も再開されることを望みたいと思いました。

 

日本遺産認定記念講演会

キックス スタッフ2020年03月06日 09:00 |

皆様こんにちは。
本日は日本遺産認定記念講演会のご案内です。

日本遺産制度や、中世金剛寺と八条院などについてのお話です。
3/5(木)より受付開始しています。
休館期間中ではございますが、電話はつながりますのでご安心ください。
インターネットからのお申込みはこちら>>>
皆様のご参加をお待ちしております。

航空宇宙工学について学ぶ

キックス スタッフ2020年03月05日 09:00 |

皆様こんにちは。キックススタッフです。
コロナウイルスの為に世間が大騒ぎになり、くろまろ塾講座が次々と中止になったばかりか、とうとうキックスも休館になってしまいました・・・。
講座を楽しみにされていた皆様、そしてキックスをご利用予定であった皆様、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
事ここに至った以上、1日も早い事態の収束を祈るばかりです。


大学連携講座-大阪府立大学編-

さて、本日は4月開催の講座をご案内いたします。
テーマは「航空宇宙工学」でございまして、宇宙開発に関する探査機や輸送システムのお話です。

3/5(木)9:00より受付開始です。
休館期間中ではございますが、電話はつながりますのでご安心ください。
インターネットからのお申込みはこちら>>>
皆様のご参加をお待ちしております。

呼吸の瞑想法「阿息観」を体験受講しました!

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2020年02月16日 09:00 |

みなさん、こんにちは!
くろまろ塾運営ボランティアの西岡です。大学連携講座-高野山大学編-を受講しましたので、レポートさせて頂きます。内容は、高野山大学副学長の佐藤隆彦教授による「呼吸の瞑想法”阿息観”について」です。

さて、仏教を一言で言うと何でしょうか?弘法大師空海は『御請来目録』で「ただ二利にあり」と言われたそうです。二利とは、自利(自分を高める)と利他(他人の苦を救う)この二つを得ようとするのが仏教の目的だと言うのです。そして、仏陀は真理に目覚めた方でしたが、真理に目覚めるためには、瞑想が大切なのだと言う事です。密教の瞑想法には大きく分けて10種類ほどあるそうですが、僧俗共用なものとして「阿字観」「月輪観」「阿息観」があって、今回は入門編として老若男女誰でも出来る「阿息観」について学びました。

「阿息観」とは、息をアの真言と感じる瞑想法のことです。具体的には、背筋を伸ばし、肩の力を抜き、深い呼吸をこころがけ、大地に響いているアの音を感じ体内に取り込み、下腹、胸、口を通って再びアの響きとして息をはきます。そしてこれを続け、いのちの本源であるアの声を唱えて、宇宙と一体となります。(ここでは、座り方や詳細の手順・密教の法印などは省略させて頂きます)

今回、会場では先生のご指導をいただきながら、100名の受講生が同時に「阿息観」の瞑想を体験しました。初めにはアの声が聞こえていたものが何度かの呼吸の後、音のない「ア」の音になり、そしてそれが会場にあふれました。皆、心に高野山の雲海に包まれていることを想像しながら、呼吸を整え心が静まるのを感じました。静寂で不思議な雰囲気に数分間包まれました。場所が高野山ならなお感慨深かかったかも知れませんね。健康にも良いとの事で、実際に体験してみて、日頃の雑念がうすれ、心身共に良いと感じました、佐藤先生ご指導有難うございました。以下に、他の受講者の感想をご紹介します。

『ストレスの多い中でなかなか難しい、雑念をはらう方法を学ぶ事ができてよかった。』
『瞑想を詳しく知りたいと思っていました。「心を安定させる」という事において実践してみたいです。』
『瞑想の仕方や呼吸の整え方を教わり、たいへん参考になりました。』

連続講座、次回の佐藤先生の講座のテーマは、「真言宗における死と看取り 臨終の瞑想法”阿息観”」です。真言密教では死の瞬間をどのようにして迎えるのかについてお話を伺います。

—————————————————————————————
最後に、今回もくろまろ塾運営ボランティアの仲間が、受付・資料配布・司会などに活躍してくれました。お疲れさまでした!

 

食道がんと胃がんを学ぶ

キックス スタッフ2020年02月02日 09:00 |

皆さまこんにちは。キックススタッフです。
本日は医療連携講座-大阪南医療センター編-のご案内です。

テーマは「食道がん」と「胃がん」。
ともに最近よく耳にする病名です。日本人の2人に1人が「がん」に罹患するといわれている時代、最新の診断と治療について学んでみませんか?
皆さまのご参加をお待ちしております。

2/5(水)9:00より受付開始です。
インターネットからのお申込みはこちら>>>

ブログ内検索

カレンダー

2020年9月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

過去の記事

ページ先頭へ戻る