HOME > ブログ

ブログ

メリーメリークリスマス。

キックス スタッフ2018年12月05日 19:00 |

トナカイのジョージ:「今年も僕たちの出番がやって来たよ!さあ、忙しくなるね!サンタさん、ここはひとつシャンパンで景気づけしとかない!?」

サンタさん(大阪担当):「え・・・、景気づけは結構な事なんやけど・・・。ボトルをこっちに向けるのやめて!?なんか危険な気がする!!!」

ポン!!プシューーーーーーーーーーー!!!!!!
サンタさん:「あーーー!!!!!やっぱりーーーー!!!!!!!顔がシャンパンまみれやねんけどーーーーーー!!!!!」

トナカイのアントニー:「今年の12月も楽しくなりそうだね♪愉快な僕たちに会いに来てね!!」

サンタさん+トナカイたち:「キックスで、待ってまーーーーーす♪」

ツリーの下にたたずむ彼:「あの人たち、いつになったらプレゼント配達行くのかな?毎年ああやってワーワー言ってるけど・・・。あ、ちなみに僕の持ち場は大きいツリーの下です!正面の自動ドアを入ってすぐの所ね。僕から見たツリーの眺めはこんな感じ」

ツリーの下の彼:「とっても背が高いツリーだから、すごく写真映えすると思うよ!クリスマスの思い出に1枚どうぞ!お待ちしてま~す」

トナカイのぬいぐるみ:「フフ・・・。少し早いけどメリークリスマス。みんな、にぎやかだよね・・・。え?ワタシがどこにいるのかって?クフフ、それはナイショ。ぜひ探しに来てね。ヒントはここ・・・」

トナカイのぬいぐるみ:「この飾りつけのどこかにいてるよ。ちょっと世間の喧騒からは離れているかな?じっくり眺めて探してね☆」

・・・という訳で皆さまこんにちは。キックススタッフです。
今回は、記事のほとんどをクリスマスキャラクター達に持って行かれてしまいました(笑)
ここまで読んでくださっている方は、果たしてどれくらいいらっしゃるのでしょうか・・・(^-^;
「今回はえらいダルダルな記事やな・・・」と途中で回れ右されていたらどうしよう!なんて少々不安に思いつつも、責任を持って最後までしたためようと思います・・・。

お気づきの通り、キックスエントランスにクリスマスの飾りつけを行いました。
クリスマスはキャラクター(サンタさんにトナカイ、ぬいぐるみなど)が多く、とてもにぎやかです。
飾りつけをしながら、何故こんなにワイワイした雰囲気になるのか考えていたのですが、きっと「目」が合うからですね。
「目」のある飾りが多いと、自然と「彼ら」の会話を想像してしまい、冒頭のように記事の大半を占めてしまう訳です(笑)

そんなにぎやかなクリスマスシーズン、ぜひ楽しい思い出をつくってくださいね☆
キックスの仲間たちも皆さまをお待ちしております!

♪生活に役立つ図書館講座 ウチの教育費、大丈夫?参加者募集♪

図書館 スタッフ2018年11月23日 09:00 |

こんにちは!図書館スタッフです。本日開催の講座をお知らせします。

『生活に役立つ図書館講座 ウチの教育費、大丈夫?』(くろまろ塾認定講座 2単位)の参加者を募集しています。皆様のご参加をお待ちしております。席に余裕がありますので、直接会場へお越しください。
生活に役立つ図書館講座 ウチの教育費、大丈夫?
★ファイナンシャル・プランナーの八束和音先生から、子育て世代の上手な教育費の貯め方や、いざというときの資金調達の方法についてお話しいただきます。★
日時:平成30年11月23日 10時~11時30分(9時半開場)
場所:キックス3階会議室1
問い合わせ 河内長野市立図書館
電  話 0721-52-4384(講座申込専用)
F A X 0721-52-6996

http://www.city.kawachinagano.lg.jp/kakuka/syougaigakusyuu/tosyokan/event/kyoikuhi.html

「記紀萬葉の大阪」を受講しました!

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2018年11月10日 19:00 |

くろまろ塾運営ボランティアの村上です。久しぶりのくろまろ塾講座のブログです。
年齢とともに月日の経つのは速くなります。今年ももう11月です。台風襲来など色々なことがありましたが、皆様にとって今年はどうだったのでしょう。
私は10月に喜寿を迎え、元気で人にご迷惑を掛けないうちはボランティアを継続したいと考えています。来年の干支のような猪突猛進ではなく、ゆっくり・・・・・。

今回の取材は大学連携講座大阪大谷大学編の「記紀萬葉の大阪:住吉仲皇子の反乱~淡路・河内・大和~」です。

講師は大阪大谷大学文学部・歴史文化学科専任講師  竹本 晃氏です。
先生は立命館大学文学部を卒業後、暫く間、河内長野市の「滝畑民俗資料館」に勤められました。その後、大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程を修了(文学博士取得)、奈良、京都などの文化館、研究所等にも勤められた後、現在は大阪大谷大学の専任講師をしておられます。

 

〈講師の竹本先生〉

 

さて、講座は世界遺産登録申請で一層勇名を馳せています仁徳天皇の没後の皇位継承争いの話しから始まりました。

「記紀萬葉の時代」の頃に起こった抗争ではありますが、そもそもの原因は現代でもありそうなことだと思います。

仁徳天皇の没後、去来穂別天皇(履中)(イザホワケノミコト(リチュウ))は、以前から想っていた羽田八代宿禰(ハタノヤシロノスクネ)の娘「黒媛(クロヒメ)」を妃に迎えたいと異母弟の住吉仲皇子(スミノエノナカツミコ)を使者に派遣しました。
住吉仲皇子は自分が皇太子だと偽って、黒媛と関係を結んでしまいます。そうとは知らず、その後、去来穂別天皇は黒媛の元へ通います。しかし、住吉仲皇子が忘れてきた鈴を見つけ、去来穂別天皇は全てを知ってしまいます。
そして、去来穂別天皇と住吉仲皇子との争いが始まります。

去来穂別天皇は住吉仲皇子の攻め手から逃れる途中、穴虫峠の手前で出会った乙女に逃げ道を聞きました。乙女は穴虫峠越えでなく、標高も高い竹之内峠を教えました。その結果、去来穂別天皇は難を逃れたという。その後、去来穂別天皇は弟の力を借り、住吉仲皇子を討ち果たしました。

履中はこの乙女との出会いを歌に詠んでいます。その歌は万葉集に残されています。履中は当時、和歌の達人であったという。

『大坂に遇うや嬢子を道問へば 直には告らず 当岐麻路を告る』
(おおさかにあうやおとめをみちとへば ただにはのらず たぎまじをのる)

古代の日本国が固まっていく過程での皇位継承争いの出発点は現代でもありそうなことという気持ちもありますが、同時に日本の史実がこのように日本書紀、古事記、万葉集に残されてきたことに日本人の祖先に感謝したいものです。

上記以外にも皇位継承争いにおける淡路の野島海人との関わりとかも詳しく伺いました。

また、淡路島を取り巻く海流と海運との関係とか阪神大地震における野島断層の話なども興味深いものでした。

残念ながら、紙面の都合でそれらの説明は省略させて頂きます。

竹本先生、有難うございました。暫しの間、古代の日本に誘って頂きました。
本日の講座を聞き、現在人気の出ている古事記とか応仁の乱などの歴史書を読んでみようかと考えた人は私一人ではなかったでしょう。

 

 

野島海人像

 

受付、司会を担当して頂いたボランティアの皆さん、お疲れさまでした。

 

【くろまろ塾運営ボランティアのご紹介】

昨年、塾生の意見や考えをくろまろ塾運営等の参考にするべく「くろまろ塾運営ボランティア」が募られました。現在、14名の方が登録をされています。
メンバーの方々には本人の希望により、講座時の「受付、司会、広報、記録」等の役割を担って頂いています。また、2ケ月に1度のペースでボランティア・ミーティングを開催しています。ミーティングでは、「事務局の報告」、「メンバーの活動報告」、「今後の講座スケジュール」、「講座時の担当決め」等を和気あいあいと話し合っています。

新しいメンバーの応募をお待ちしています。
希望者はキックス3階の「くろまろ塾」事務局(TEL 0721-54-0001)まで!!

〈第9回ボランティア・ミーティング風景(11月6日開催)〉

以上

遺伝子を操る-ゲノム編集とは何か-を受講しました!

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2018年11月09日 09:00 |

こんにちは!
くろまろ塾ボランティアの後藤です。よろしくお願いします。
特別講座 「ゲノム編集がもたらす食の変化の可能性を考える」を受講しました。
このシリーズは
[1]必須講座 遺伝子を操る-ゲノム編集とは何か-
を受講したうえで、
[2]選択講座[A]養殖魚のバイオテクノロジー ゲノム編集マグロと遺伝子組み換えサケを例に
[3]選択講座[B]マダイ・トラフグ養殖へのゲノム編集技術の活用に向けて
[4]選択講座[C]ニワトリのゲノム編集
のいずれかの講座で講義とグループワークに参加するものです。
今回は[1]必須講座 遺伝子を操る-ゲノム編集とは何か―をレポートします。

講師の大阪府立大学教授 小泉望先生は、「ゲノム編集の未来を考える会」の代表で、ゲノム編集の可能性や問題点について、市民を交えて多面的に対話をおこない、様々な視点から多様な立場の人が議論する場を設ける活動を行っておられます。新しい技術が社会で使われるには一般の方を含めた様々な立場の人の意見が反映されることが大切だとのお考えからです。
この活動には、京都大学、大阪大学、奈良・一条高校、大阪いずみ市民生協などに加えて、くろまろ塾も参画させていただいているそうです。第2回目講座からのグループワークは、研究者の方々へ市民の声を届ける良い機会になったのではないでしょうか。

最初に、すべての生物の性質を決めているのは遺伝子(gene)であり、遺伝子の本体はDNA(デオキシリボ核酸)という物質であること、さらに1つの生き物の遺伝子(DNA)の配列全てをゲノム(genome)と呼ぶこと、そして遺伝子は設計図であり実際に体の中で働くのは酵素などのタンパク質であることなど基本事項を確認しました。○×を挙手することで理解度をチェックしながら、丁寧に教えてくださいました。
詳しくは、くろまろ塾講座の講座資料を閲覧ください。今回の講座で配布された資料は、キックス3階の「交流サロン」または図書館でお読みいただくことが出来ます。

次に、トマトを例にあげて、毒があった野生種から現在の種類が豊富で美味しいトマトへ、どのようにして品種改良が進められたのかを、自然に発生する突然変異の利用、交配育種、遺伝子組み換え技術と歴史を辿って学びました。

新しい品種を作り出す方法は様々ですが、どれも遺伝子の変化による性質の変化を利用していることを改めて理解しました。交配による品種改良ではかけあわせを繰り返すのに長い年月が掛かることや、近年は放射線や化学物質等を使って突然変異を起こすことで品種改良を行っていることも知りました。普段気にすることもなく食べている白いエノキタケが放射線照射で品種改良されたものだと知って驚きました。
遺伝子組み換え技術やゲノム編集技術がその延長線上にあること、やたら不安に思って拒否するだけのものではないことを理解できました。

そこで、ゲノム編集ですが、この技術を使えば特定の遺伝子を効率よく改変することができます。2012年にCRISPR/Cas9と呼ばれる方法が登場したことをきっかけに、ゲノム編集技術は急速に進歩しています。
アメリカでは、まずゲノム編集で切っても茶色くならないマッシュルームが作り出されたそうですが、日本でもさまざまな研究が進められています。
この講座では、第1回目は子どもの好きな「カレーライス編」として、ジャガイモとタマネギを取り上げました。ちなみに、平成生まれの子供の好きな食べ物の1位はカレーライス、2位は寿司だそうです。第2回目からは「にぎり寿司編」として、マグロ、マダイ、サケ、たまご等が取り上げられます。

カレーライスの材料といえば、まずジャガイモですが、ジャガイモの芽や緑色になった部分にはソラニンという有毒物質が作られるため、私たちは調理する時にジャガイモの芽を取らなければなりません。小学校で栽培されたジャガイモを食べて食中毒を起こしたと新聞記事になることもあります。
大阪大学の村中教授らは、ゲノム編集により毒素を作る酵素の遺伝子を破壊して、毒素を作らないジャガイモを創り出すことに成功しました。

次はタマネギですが、ゲノム編集ではありませんが、重イオンビームにより育種された涙の出ないタマネギ(スマイルボール)がすでにハウス食品から発売されています。このタマネギを作ったハウス食品の今井さんは、2013年イグノーベル賞を受賞されたそうです。
このタマネギは辛くないのでサラダ用には良いそうですが、炒めても風味が出ないので、さらにゲノム編集で改良する研究が続いています。

今回は、ゲノム編集の基礎的な知識を教わりました。遺伝子組み換え作物(GMO)とゲノム編集作物の違いを教わり、ゲノム編集ではターゲットの遺伝子をつぶすだけなので、突然変異と何ら変わらないということも知りましたが、本当にGMO規制を必要としないほど安全なものなのでしょうか。詳しい知識がないので不安が残ります。
講義後の質問でオフターゲットという狙っていない遺伝子を切ってしまう可能性の話も出ました。
選択講座では、さらに深い内容の講義と参加者の皆さんのご意見が聴けたことでしょう。

以下に参加者の受講後アンケートでいただいた感想をご紹介します。

◆すべての生命を自由操作出来る事に対して、不安あり。
◆むずかしい専門用語を、あまり使わず説明していただきました。
◆遺伝子組み換えとゲノム編集との違いが判り、良かった。
◆ゲノム編集が品種改良の新技術として身近なものに感じることが出来た。
◆対話型でとてもおもしろかったです。内容も大変わかりやすく、ありがたかったです。

最後に、受付のボランティアの皆さま、お疲れさまでした。

免疫療法って?

キックス スタッフ2018年11月08日 15:00 |

皆様こんにちは。キックススタッフです。
今日ご紹介する医療連携講座-大阪南医療センター編-のテーマは、

「がんの免疫療法」の実際

さて、「免疫療法」ってなんでしょう?
「がん」という病気の治療に免疫が関わりがあるのは勿論ですが、
はてさて、免疫療法とは???
どんなことをするのでしょうか?
日々進化する医療。その最前線で活躍する方のお話をぜひどうぞ。

インターネットからのお申込みはこちら>>>
お電話でもお申込み受付中です!

 

ブログ内検索

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

過去の記事

ページ先頭へ戻る